接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  おもてなし度を自己チェックする

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自らおもてなし度を測る(飲食店用)

  (お客様への思い遣り度を測る)

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

【自己採点】
良く出来る=4.大体出来る=3.一部出来ない=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.


1. お客様への挨拶を積極的に進んでする
2. 一度でもお見えになられたお客様には、言葉に気遣いし挨拶をする
3. お客様の心と身体のコンディションを表情や仕草から出来る限り早く汲み取る
4. お客様の特長、お顔やお名前を覚える
5. お客様の目線で会話する(身体・心)

6. お客様に合わせて接客スタイルを変化させる
7. お客様の来店目的を察知する言動に心掛ける
8. お客様の気持ち察した(心配り)態度を取る
9. 来店時やお帰り時に、気象状況に気配りした応対をする
10. お客様に合わせた口調で会話する

11. お客様の理解度を確かめながら話す
12. 誘導案内は、お客様の状況、状態に合わせて行う
13. お客様の立場(気遣い)で話をしたり、聞いたりする(気配り心配り)
14. いつもお客様最優先を態度、言動で表わす
15. お客様の話を真剣に聞く(姿勢)

16. お客様に明るく爽やかで優しい表情で接する
17. 接客用語に心を込める(語意を意識した接客用語を話す)
18. 夫々のお客様の気持ちを汲むように心配りする
19. 見た目や持ち物、性別で応対に差をつけない
20. 自分の接客スタイルに固執しない(顧客適合)

21. 適切なひと声を、心を込め、適切な姿勢・態度でかける
22. 其の場の状況や相手に合せた目配り気配りをする
23. お客様の好き嫌いを覚えて置く
24. お客様に対し憶測や先入観を持たないで応対する
25. お客様の種類(相手)によって表現する形や方法を様々に変化させる

26. お客様に何故話すのか、話す目的を伝える(目的の必要性を理解して頂く)
27. お客様(相手)の心の位置を察しながら応対する
28. 目配りのスタートとも言える観察・巡回を適時、適切にする
29. 要望や希望に応えるべきスピード感覚を持つ(必要な物を手早く届ける、処理する)
30. 端正さと清潔感のある身嗜みで応対する
 ・
 ・
 ・

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1351-1f378016
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック