#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 豊かな傾聴力は、「思い遣り」(1)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

好感を与える「傾聴力」-1.

お薦め度【★★★★】全業種、業態用
聴く3

豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を持つことは、触合う相手への「思い遣り」です。
人と人との会話やコミュニケーションは、「聞く」『聴く』ことから始まります。
それは最も身近であり、多くの時間を費やす活動でありながら、意外と疎かになりがちです。
そして、その良し悪しによって会話やコミュニケーションの度合いが変化します。
また、「聞き」『聴き』方の上手下手が、日常生活や仕事の場でも、
話を聞くその人への愛情、信用や信頼に繫がります。
会話した相手に、また話してみたくさせる傾聴力を身に着けて、日常生活や接客接遇の場、
おもてなし、様々な人との触合いに生かすことです。
この活動には、以下のことがあります。
 イ) 話・注意・忠告などを「聞く」」「聴く
 ロ) 音楽・お客様の声「聴く
 ハ) 判らないこと、知らないことなどを「訊く」ことを意味する。
場面や相手に合った「聞く」『聴く』「訊く」活動を直ぐに実行しましょう。

また、『聴く』と「聞く」は『応対』と「対応」に例えることが出来ます。
応対』と「対応」は別のことであると同様に、
聞く」と『聴く』ことも別のものだと認識しておくことです。


【豆知識】
「徳」と「聴」の文字の組立の本来の原義を色々と調べその旁は「直き心」であると知りました。
辞書によると「徳」の語は、立派な品性や立派な人格。恵む。有り難く思う。もうけ。と在ります。
漢和辞典『新字源』に、「徳」は旧字体として<德>、異体字(古字)として≪悳≫が載っています。
「徳」の旧字の「德」の字は、その前身が「彳」と「悳」により形成された「憄」という字とされる。
「直」と「心」をタテに重ねた「直き心」の「悳」の字を[とく]と読みます。
「悳」に「行なう」の意を持つ「彳」が加わって「徳」という字が生まれました。 
「直き心」は、真理を愛する心で、直は「すなお」の意で、正直・実直・率直・撲直などで、
直往邁進(ちょくおうまいしん)して「義」の為に、「勇」を奮うのも直とされています。

また、私見ですが「聴」の文字は、【耳/十(プラス・拾)/目/心】で構成されていると解します。
何時でも相手への立場転換意識を持ち、「心で聴く」ことを心して置くことが大切です。

○「応対」=「相手の立場を主に考え、相手に応じて受け答えすること」
○「対応=「相手の状況に対し、こちら側が主になり処置・行動すること」


◆「聞く」と『聴く』の心得、姿勢、態度
 ※夫々の≪キク≫に当て嵌まる「文字」を考えながらお読み下さい。

A.心得
1. 指示、命令、注意された時「はい」の返事をしながら≪キク≫
2. 気配りや気遣いについて言われた時に「はい」の返事をしながら≪キク≫
3. 自分にとって為になる話やお褒めを頂いた時に「はい」の返事をしながら≪キク≫
4. 相手の話しの内容を有難く≪キク≫
5. 心と言葉のキャッチボールをしながら≪キク≫

6. 相手の話すことを思いやりの心で≪キク≫
7. 相手の話の内容の主旨を知ろうとして≪キク≫
8. 何故の意識で≪キク≫
9. 意識の温度差を探りながら≪キク≫
10. 先入観を持たないで≪キク≫

11. 自己体験や知識に当て嵌めながら≪キク≫
12. 前提を置かないで≪キク≫
13. 相手の評価や診断をしないで≪キク≫
14. 訊ねたり、質問したりしながら≪キク≫
15. 相談ごとは真剣に、本気で≪キク≫

16. 話の意図訊ねる言葉を交えながら≪キク≫
17. 相手の状態を観察しながら≪キク≫
18. 話す意図や目的を察知しながら≪キク≫
19. 目の表情を意識し、心の変化に気遣いながら≪キク≫
20. 内容によってはアドバイスや諭しながら≪キク≫
 ・
 ・
 ・


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1353-3882bfb6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック