#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 心に残る余韻

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

おもてなし余韻を創る要素要因・誘因

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

おもてなしから受ける感動、顧客満足(CS)、余韻の総てに共通する心構え(心得)があります。
それは、相対する人や触合う相手に対する次のようなことがあります。
人との触合いや様々なサービス業界の、様々な物と人の印象、態度、受けたもてなし、サービス、
味わい体験した物事から得られた感動、言葉など、その対象となる物事は数限りなくあります。
このことを、三味一体である人の味、商品≒料理の味、店の味と、心・技・体に当て嵌めて振返り、
見直すことを是非お勧めします。

心・技・体⇒「心磨・技練・体斉」

1. お互いの心を通わせ合う態度と言動
2. 「モノ」と「コト」を以て、接する態度と言動
3. 一期一会の態度と言動
4. 守・破・離の態度と言動
5. 和敬清寂の態度と言動

6. 侘び寂びの心と態度・言動
7. 裏表のない態度と言動
8. 人が創り出し、相手となる人が『心』と[五感]で味わうものと意識する
9. 無理して作られたものではなく、自然に感じるものと捉える
10. 与えるものではなく、相手の中に生まれ、それを心や体で味わって頂く態度と言動

11. 求めるたり、押し付けたり、望んだりするのものではない(≒要求・強要・要望・要請)
12. 見返り(心・感謝・価値対価)を求めたり、望んだりしてはならないもの
13. もう一度、あの雰囲気を味わいたいと思う心
14. 忘れられない自分だけの想い出(メモリー)としてとして残したいと思う心
15. あの眼差しや優しさがとても素敵だったと思う意識

16. あの時の出会いを大切にしたい、ご縁にしたいと思う心と態度
17. 友人や知人に話したり、知らせたりしたいと思う心と態度
18. 一生の宝物にしたいと思う心と態度
19. 誰かに体験したことを伝えたい思う心と態度
20. また、ここの場所へ来たいと思う心と態度

21. また、この人と話したい、話を聞きたいと思う心と態度
22. また、あの人に会いたい、会ってみたいと思う心と態度
23. 出会いをご縁にしたいと願い、思う心と態度
24. また、この人から買いたいと思う心と態度
25. 誰かに話したり、知らせたりしたいと思う心と態度

26. もう一度、この雰囲気を味わいたいと思う心と態度
27. 誰かを連れて、また来てみたいと思う心と態度
28. また、この人の作ったものを味わいたいと思う心と態度
29. また、この人に(店で)もてなしてもらいたいと思う心と態度
30. 大切な人を連れて来たいと思う心と態度

31. 相手や物を思いやり、慈しむ(いつくしむ)心と態度
32. 無心さ、心尽くしの態度と言動
33. 相手により良い、心豊かな経験や体験を齎そうとする意識
34. 相手を敬い尊ぶ態度と言動
35. 五配りの態度と言動

36. 万事設える態度と言動
37. 観察、察知心(力) 洞察心の発揮
38. 物事の本質を見抜くための態度と言動
39. 物事の本質を知り、本質を的確に表現し、伝える態度と言動
40. さり気なさを表し、伝える態度と言動
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

以上の他にも数多くありますが、特に意識して置く余韻要素として挙げてみました。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1372-fa56dabf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック