FC2ブログ
avatar image

「仕事」と《心》のプラン創り

仕事プランを創る

ワクワクするような結果を予測しながら、目標・計画を立てよう。

店舗と個人の目標を具体的な表として使うために必要な項目をピックアップしてみました。

仕事ばかりではなく自分のを創りにも活用できます。

使用目的に合わせてお使い下さい。

※診断リスト・職能面談・アンケートに基づいて作成すると効果的です
。 


1.各種実施計画書
[作成のポイント]
 ①何を?(目標のテーマ・項目)
 ②どれだけ?(達成する質・量・状態)
 ③どのように?(達成するための施策・手段・方針)
 ④いつまで? (期限・スケジュール)
 ⑤結果は?(達成結果の評価)


A.タイプ・・・各種実施遂行計画書 
[横項目]
◇優先順位(着手順位)
◇目標項目
◇内容
◇実行時期
◇予想結果
◇総括
◇備考
[縦項目」
◇優先順位(着手順位)の№


B.タイプ・・・各種実施遂行計画書 

[横項目]
◇優先順位
◇重点職務
◇目標項目
◇内容
◇実行時期(期間)
◇実行方法
◇経緯
◇予想結果
◇備考
[縦項目」

◇優先順位(着手順位)の№


2.育成タイムスケジュール(・・年・・月~・・年・・月)
[横項目]
◇概要
◇月(期間)
◇時間(所要時間/月・/日)
◇単元名(項目)
◇資格実務内容
◇過程(プロセス・フォロー)
◇目標・課題(ビジョン)
◇育成活動(フォロー・アシスト)
◇支援・サポート・要点
◇評価(結果・成果)の視点&基準
◇特記事項(難易度)
◇概要
[縦項目」
①見つける(対象となる要素・事柄)
②考える(手段、時期など)
③触れる(体験する)
④つかむ(内容など)
⑤見通す(難易度など)
⑥実施する
⑦振り返る
⑧改善する
⑨初期終了
⑩総括・まとめる
 を目的事項に合わせて繰り返すことがポイントです。


3.職務目標チャレンジシート作成のポイント
※下記のP・D・C・Aと6W3Hを組合わせ優先順位、難易順位、着手順位などで振り分けて下さい。

◇P=プラン(プラン目標に合わせて計画)

◇D=実行(実行目的を明確に掴む)

◇C=チェック(振返り確認する意識を何時も持つ)

◇A=アンサー・アクション(答え、成果、結果や行動)


6W=【When】【Where】【Who】【What】【Whom】【Why】

3H=《How》《How/long》《How/much》


何故作るのか?

作ったことによってどんな事が得られるのか?

などの目的を理解・認識した上で、楽しみながら自主的に作成することです

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 自己啓発 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback