接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  思い遣りの解説

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

思い遣りの解説、意識と表現

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

思い遣り (思いやり)の解説

思い遣り」は、一般的に、その人の身になって考える事、察して気遣うことを言います。
思い遣り」は、優しさと勘違いしかちですが優しさだけではありません。
「思い」は相手の気持ちになって考えたり、共感したり・同情したりすること(≒想いと類似)
「やり(遣り)」届ける・差し向ける・行うこと
「思い遣る心」で接することが人として豊かな心で生きて行く為に大切で、必要なことです。
このようなことを、「思い遣る心」を「思い遣り」と言います。


思い遣りの表現と意識 (表わす場合に必要な意識や具体的な行動)

1. 人と人との触れ合いに必要な心と言動
2. 心を豊かにし、自分を成長させる・・・自分を見つめる
3. 人間関係を活かし、潤いのあるものにする
4. 自己犠牲(奉仕)の精神無くして出来ない
5. 人の気持ちを理解出来る
6. 同じ意識を認め合える・・・共感・同感
7. 感動(≒感情)を共有する

8. 大切な人をかばい、守り、許す(≒寛大・寛容さ)
9. 大きな心と優しい心で接し、相手に気付かせないようにそっと見守る
10. 相手の痛みと労力を自分に置き換える(悩みや苦しみを共有し分かち合う)
11. 将来のために相手にとって今為すべきことを考える
12. 相手の立場で、何が必要かをあらゆる方面から考え判断し、黙って行動する
13. 嬉しい事は出来るだけ早く伝えて一緒になって喜ぶ・・・共感
14. 思い遣りは、時にお節介になることもある。違いは共感出来るか出来ないかにある。





57. お互いに結論を急がず時間をかけて理解し合う 
58. 相手と同じ事や意識を実際に自分が体験してみる
59. お互いに意見や注意を真剣に聞く
60. 自分自身の考え方や意見を伝え相手の意見や感想を聞く
61. 感謝の心で接し、感謝を様々な形や言葉で伝える
62. 立場転換や思い遣りが何故必要かを認識し、目的を考える
63. 何事に対しても気遣い心配りをする

64. 相手の心と身体の健康に気配りする
65. 気軽に相談に乗り一緒になって考える
66. 親しみと明るさのある挨拶に心掛ける
67. 相手の立場になり、相手の話、気持ちを察しながら真剣に話をしたり、聞いたりする
68. 優しい態度、表情で接する
69. 相手のためになることをあらゆる角度から考えて言動する
70. 相手のためになると思ったら厳しいことでも伝える・・・etc.


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1443-e45d82ec
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    思い遣りの解説、意識と表現お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用〇思い遣り (思いやり)の解説「思い遣り」は、一般的に、その人の身になって考える事、察して気遣うことを言い
    2012/05/13(日) 17:46:00 | まとめwoネタ速neo