接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「感性」を磨く

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

日本人としての「感性」を磨く

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

古より、日本には四季のある美しい自然、伝統文化と称される素晴らしい美術品や建造物、
歴史のある様々な特産品、花道茶道などの独自の文化があります。
このような自然や美しい「もの」を美しいと感じる「こと」が出来るのは、人だけです。

特に日本人は控えめな心、物事を慈しむ心、侘び寂びの心と言った豊かな感性を備え持ち、
更にその感性を磨くことでおもてなしを始めとした文化を独自の感性で創って来ました。
最近では、おもてなしやコスプレ、ファッションなど「クールジャパン」と言われ
世界の国々から注目されている日本独自の文化や芸術、製品もあります。
私達は、美しいものを、実際に見たり触れたり味わったりすることで、感性を磨けます。
心の(精神)状態や意識が不安定で優れない時には、その感性は鈍ってしまいます。
また同じ日本人であっても、心が沈み荒んでいる時は、自然や物事の美しさを感じません。

私達の住む日本には、
・美しい自然・四季
・美しい心
・美しい立ち振る舞い
・美しい物や事象
・美しい美術品・建造物
・美しい絵や芸術(アート)
・美しい話・・・など。
自然にこのような美しいと感じる自らの感性を磨く為にも、美しさを味わい触れる時は
その瞬間の美しさ、その物の素晴らしさを心全体で感じ受け止めたいものです。

私達現代の日本人は、豊かな国にする為に物づくりに力を注ぎ、物質的な豊かさを追求し、
「経済的豊かさ」が幸せであると考え、「便利な物」「快適な生活」ばかりを追い求めて、
その環境で生活する大切な人の心を見失いがちになっているように思われます。
このことを私達日本人に警鐘させたのが、昨年に起きた東日本大震災であり、
それに伴う原発事故による被害・災害ではないでしょうか。

このようなことは、当たり前になっている生活環境の在り方、格差社会、無縁社会と言った様々なことを
改めて見直さなければならない日本の【ターニングポイント】であるではないかと思います。
勿論、物質的にも、経済的にも豊かであるに越したことはありません
それだけでは決して満たせない大切なものは人の心であると思います。
その大切なものを感じ取るのは人の心である感性が必要であると考えます。
それは、「幸福とは何か?」の答を導き、感じ取れる感性、即ち人としての豊かな心です。

この感性を磨くことで、温故知新の心を以って我が国独自の文化をもう一度見つめ直し、
現在の社会環境改善、震災復興ジャパンシンドロームと言われる2050年問題
立ち向かわなければならないと考えます。

ひとり一人が豊かな感性を磨き持つことは、豊かな心と潤いのある人間関係を育む原点であり、
幸せを掴むためにもとても大切なことなのです。
そして、人との触合いの場で豊かな感性を育む≪≫は、【思い遣る心】です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1446-09c7da4b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    日本人としての「感性」を磨くお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用古より、日本には四季のある美しい自然、伝統文化と称される素晴らしい美術品や建造物、歴史のある様々な特
    2012/05/19(土) 18:01:14 | まとめwoネタ速neo