#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 誠実さと立場転換力の自己診断

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

自分自身の誠実さ立場転換力を振返る


お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

日々生活して行く上で、先ず相手のことを思い考えること、言い換えれば思い遣りの心で相手と触合い、
接する上で大切な誠実さ立場転換力についての自己診断の項目を抜粋しました。
いつも相手の立場に立って考え、話し、行動することは、人間的な魅力をより向上させます。
誠実さとは、自分が正しいと信じていることの為に、高い価値観を持ち生きることです。
人に対して、また自分自身や物事に対して正直で真心のある行動をすることです。
言行一致」即ち行動と言葉が一致している時、あなたには素晴らしい存在感があります。
決して自分を騙して偽るようなことはありません。
誠実な人の人生と心は善良で、清らかな人生を生きるのに役立って行きます。
誠実さ」とは「相手の信頼を裏切らないこと」です。
この二つのことは、日常生活や職場での潤いある人間関係の構築に欠かせません。


誠実さ立場転換力自己診断項目-抜粋

1) 立場転換が何故何のために必要なのかを認識し、目的を考える
2) 自分が言われたらどう考え、どう思うかを、常に意識しながら会話する
3) 物作りや結果などに至る相手の労力や費やした時間を自分に置き換えて思考し、計る
4) 相手の話す内容や行動を自分自身に置き換えて考える
5) 相手の人格を認め、信じている旨をハッキリ伝わる言動と態度をする

6) 相手に対し憶測や先入観を持たない
7) お互いの心や立場を第三者の目で見るゆとりを持つ
8) 相手を心や言動・態度を指差さず、先ず、自分自身を指差してみる
9) 相手と同じ事や意識を実際に自分が体験してみる
10) お互いの立場に合った言葉を使う(敬語・謙譲語)

11) 奉仕の心と感謝の心を態度や言動に表わす
12) 相手の話す一言ひと言を何故の意識で考え相手の心を察する
13) 会話する前に出来る限り、相手の能力を見定め、相手に合った話し方する
14) 相手に対し思い遣りや感謝の心を示し合う言葉遣いをする(ありがとう、お陰様で)
15) 相手に対する見方や意識を変える

16) 相手の良い処を見つける努力をする(その良い処を褒める言葉として真面目に伝える)
17) 情や環境に左右されないよう常に冷静沈着、平常心に努める
18) 自らの能力や心をあらゆる角度から良く見つめ分析する(能力の程度・長所・短所・資質)
19) 相手に合せ、何故話すのか、その目的を伝え必要性を理解させる
20) 損得、好き嫌いで相手に話さない

21) お互いテーマや会話の内容について何故の意識で考える
22) 上に立つ者は、部下に力以上のことは求めないで少しでも予測上に出来たらきちんと認める
23) 会話やミーティングの対象となる事項の一般的な基準値を持っておく
24) 立場を理解し合う事によって得られる様々な要素を推測する
25) 会話やミーティングの目的を認識し、相手と自分の立場を知り弁えておく

26) 自分を能力や心をあらゆる角度から良く見つめ分析する(能力の程度・長所・短所・資質)
27) 真面目で素直なこと
28) 正直である(嘘がない)
29) 誰に対しても礼節を持って接する(礼儀・節度がキチンとしている)
30) 相手によって、会話内容や態度を変えない

31) どんな約束でも必ず守る(何事にも、時間はきちんと守る)
32) 依頼されたことは間違いなく行う
33) その場しのぎをしなと(調子のよいことを言わない)
34) 言動、態度に裏表がない
35) 感謝の心を言葉と態度でキチンと伝えられる

36) 小さなことも一所懸命行う(小事を疎かにしないで、全力を尽くす)
37) 相手に見返りを求めたり、望んだりしない
38) 話す内容に一貫性がある
39) 言行一致している(自分の言っていることと、現実の行動に矛盾がない)
40) 自制≒感情のコントロールが出来、相手に常に不変な精神状態を保てる

41) 話の内容が以前に話した内容と、現在の会話内容が異ならない
42) その場に居ない人のことをあれこれと批判しない
43) 他人に望んだことを自らが行える
44) 自分に否がある時に素直に謝る心(自分の過ちや間違いを認め、謝罪する)
45) 相手のためになり、成長に役立つと思ったことは真剣に話せる

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1455-477b1194
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    自分自身の誠実さと立場転換力を振返るお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用日々生活して行く上で、先ず相手のことを思い考えること、言い換えれば思い遣りの心で相手と触合い
    2012/05/24(木) 11:16:21 | まとめwoネタ速neo