#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「心の体力」の必要性

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

対人関係力は、自らの心磨きと共に身に着ける

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

現在の日本人が今直ぐにでも目を向けなければならないこと、
それは経営者や人の上に立つ多くの人々が自分自身と自店舗(自社)従業員の
心の体力」作りと、心の育成であると強く思います。

即ち、何事にも耐えられる強い「心の体力」を作るために必要とされる【思い遣る心】を、
ひとり一人が学び知り、その心を育み、仕事に、人生に生かすことであると考えます。
そうすることで、個々人の人としての幸せは勿論のこと、顧客(お客様)の増加、
企業の成長に、必ず結び付くのではないでしょうか。

何故ならば、思い遣る心は、社会人として生活し、人として生き、他者と繋がり、
大切な人の大切を大切に出来る原点=礎であるからです。

また、人としての心の育成、E.SC.Sなどの総ての源は、大切な人と思うことから始まると考えます。
日本がこれから迎えようとしている様々な苦境、苦難に立ち向かうためにも、
私達日本人ひとり一人が互いに思い遣りの心を持ち一つになることが不可欠ではないでしょうか。

先日英国を訪問された時に伝えられた、天皇陛下の御心の礎となった、
「先ず、人を思う」ことは、私達国民ひとり一人に多くのことを伝え、導いているように思われます。
陛下の御心「先ず、人を思う」ことは、他者に対する【思い遣る心】であり、
その人を思うことに必要とされるのは、何事にも動じず、
苦境や困難にチャレンジ出来る「心の体力」であると考えます。

その心の体力を育むには、自らを指さし、そのことに依って気付いた
自らの足りない心の体力を鍛え磨くことに結び付くことであると私は考えます。
そして、この「先ず、人を思う」ことは、最終的に自分自身に戻る≪ Return I ≫と考えます。
先ず、人を思う」こと言い換えれば【思い遣る心】は、
昨年起きた未曾有の大震災やそれに伴う原発事故後、国内外の人々が
「自分のためより、誰かのために」と言った想いを表わした言動や様々なボランティアなどの
支援活動にも顕著に表れていると思います。

現在の社会で中心となり活動され中枢を担っている方々の多くは、
外面とも言える対外的な対人関係力(コミュニケーション)の修得ばかりに意識が走り、
対人関係力の元になり、礎である内面的な自らの心を磨き鍛えること、
即ち心の体力作りに≪目を背けて≫いるように思われてなりません。

話しは変わりますが、対外的なことに関心が持たれていることは、
マスコミやネットなどの様々なツールで目にするコンサルタントやインストラクターの方々が
行っているセミナーや講座などでの、
「人と上手く付き合う方法」
「顧客を作る接客法」
「感動させるテクニック」
「魅力を作る仕草と技」
などと言ったタイトルやテーマが注目されていることに如実に表れていると思われます。

この対外的な人間関係力は、社会人として必ず身に着けなければならないことと思います。
しかし、対外的なスキルや知識を如何に身に着けても、その人自身が人を惹きつける心の魅力や
何事にも屈しない心の体力を持たない限り、後々にその人の弱い本質や本性が表れてしまうことになり、
その結果大切な人が去り、愛する人が居なくなると言ったことに繋がると思います。

この心の体力の不足により、孤独になり孤立してしまい、辛く淋しい思いをする結果になり、
感情コントロールや煩悩の自制が上手く出来ない人は自殺に走ったり、
人として犯してはならない犯罪に走ったり、必要外に自己顕示したり、
うつ病や引きこもりなどの心の病にかかったりする原因や要因になるのでないかとも考えます。

数年前48年ぶりにミスユニバースになられた森さんが、
 情熱
 「忍耐
 「根性

この三つを心の支えとしてコンテストにチャレンジされたと話されていました。
この「情熱」「忍耐」「根性」は、正しく「心の体力」であると思います。

また、多くの有能なスポーツ選手が、自分自身へのファンの期待に応えることを意識し過ぎるばかり、
十分に能力が発揮できないと言うことも、心の体力不足によるものではないかと考えます。
また、芸能界では最近話題の中心になっているAKB48やモーニング娘など
数多くのグループが作られ人気を集め活躍しています。

プロデューサーの秋元康さんやつんくさんがどのような意図でこのようなグループを
プロデュースされたのかは判り兼ねますが、私個人の見解として、
日本が豊かになったことで個人優先の社会になり、
日本人の若者の競争力忍耐<言い換えれば「心の体力」が
薄れ弱くなっていることへの対策やチャレンジではないのではないかと考えます。
プロデュースする上で日本人の集団行動意識と言う特質を弁え、
グループの中でお互いが競い合うことにより、ひとり一人の「心の体力」を作ること
を狙っていたのかも知れないとも考えます。

言い換えるなら、幸せを得る為に「心の体力」の必要性を感じ取ったからではないかとも考えます。
日本国内で昔から言い伝えられている

「鉄は、熱い内に打て」

「若いうちの苦労は、買ってでもしろ」


心の体力」を表わしていると思われるこの諺を、大変厳しい社会環境に置かれている私達は、
もう一度深く考えてみる必要があるのではないでしょうか。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1471-42480874
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    対人関係力は、自らの心磨きと共に身に着けるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在の日本人が今直ぐにでも目を向けなければならないこと、それは経営者や人の上に立つ多く
    2012/06/10(日) 05:40:02 | まとめwoネタ速neo