FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


人としての「傾聴力」を、備え持つ

豊かな傾聴力は、「思い遣り

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

人と人との繋がりや結び付き、お付合い、チームワークなどでの会話やコミュニケーションは、
話すことからではなく『聴く』「聞く」ことがスタートです。
豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を備えることは、出合い触合う相手への「思い遣り」です。
それは最も身近であり、多くの時間を費やす活動でありながら、意外と疎かになりがちです。
そして、「聞き」『聴き』方の上手下手が、日常生活や仕事の場でも、
会話をするお互いの愛情表現、並びに信用や信頼を築くことに繫がります。

また、『聴く』「聞く」ことその良し悪しにより、
会話やコミュニケーションの度合いが変化します。
会話した相手に、また会って話をしてみたくさせる傾聴力を身に着けて、
日常生活や接客接遇の場、おもてなし、様々な人との触合いに生かすことが肝要です。
同時に、三現主義の徹底、CS、ES、会議やミーティングに於いても大切な要素です。

このような人の五感聴力である<キク>活動には、以下のことがあります。

イ)お客様の声、現場の声、部下の声を『聴く』「聞く

ロ)相手の話・注意・忠告などを『聴く』「聞く

ハ)音楽や自然の音を『聴く

ニ)みんな(大衆)の声を『聴く』「聞く

ホ)天の声・心の声を『聴く』、心で『聴く』

ヘ)判らない(解らない)こと、知らないことなどを「訊く」 
上記したこのような『聴く』と「聞く」の夫々が異なった意味があります。


場面や相手(≒Т.P.О)に合わせた『聴く』「聞く」「訊く」活動を直ぐに実行しましょう。
また、『聴く』と「聞く」は『応対』と「対応」に例えることが出来ます。
応対』と「対応」は別のことであると同様に、
「聞く」と『聴く』も別だと自覚しておくことです。

聞くは一時の恥、聞かざるは一生の恥
 の諺と、その意味も確りと心に刻み込んでおくことも大切です。


◇自覚しておきたいこと【豆知識
「聴」の文字は、【耳・十(プラス・東西南北≒周囲)・目・心】で構成されています。
何時でも相手への立場転換意識を持ち、「心で聴く」ことを心して置くことが大切です。
応対」=「相手の立場を主に考え、相手に応じて受け答えすること」
対応」=「相手の状況に対し、こちら側が主になり処置・行動すること」


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト



    Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

    Comment

    Leave a Reply





    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback