#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 品格の漂うお辞儀

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

お辞儀の品格は「人現力

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

お辞儀の心と目的

お辞儀は相手への自らの心を表し伝えるために行います。
同時にその人の相手に対する【】を表す「人現力」です
人現力=その人の人柄(心)を表現する力
自らの心で、己の態度や言動を見つめることで、自分自身の品位を築きそれを高めます。
法を自分のものとすることは、心法とも言うべき自らの品位を高め品格を育むということです。

日本人は皆、殆どと言っていい位いつもお辞儀をします。
イタリアインテルのサッカー選手たちが、長友選手を見習い、お辞儀をしている光景も見られます。
お辞儀は心を清らかに澄まし、姿を正し、もの静かに屈体し、頭(コウベ)を下げ行います。
どの様なお辞儀であっても最後は、必ず無心で頭(コウベ)を下げることが作法とされています。
威儀を正し、儀を尽くしつつ、後に作法に徹すべし」(出典不明)というのが、大事なのです。

(国語辞書) によると
※【威儀】
 挙措動作が式にかなっていること。また、式にかなった、重々しく威厳のある態度・動作。
※【儀
 慣習によりその形式が整えられている礼法。礼式。一定の形式に則って行われる宗教上の行為。


〇礼儀作法は、なぜ必要?

人間は様々な人達と社会生活を営なみながら生きています
人間は社会生活を営む上で、相互の生活秩序を保つために、色々な知恵や工夫をして来ました。
人間、文字通り人と人との間、即ち人との様々な関わりを持ちながら日々を生活しています。

温かな血の通った人が人として毎日生活して行くためには法律や社会のルールが必要です。
人としての社会生活をする為に道徳があり、その道徳を形や所作として現したのが礼儀作法です。
そして、時間(空間)に於ける自らの身の丈に応じた「礼」を使い分ける「」を学ばねばなりません。

※お辞儀=敬意を表すために頭を下げること。(三省堂国語辞典)
※礼=相手を尊敬し、自分を謙遜し、行いを丁寧にする
※礼=社会秩序を保ち、人間関係を円滑に維持するために守るべき、社会生活上の規範。
礼儀作法・制度など。
※「」=度(けじめ) 其の場その時に即した「礼」を、場面や場合に応じて自らが態度に示し、
行動出来るように弁えることを言います


古より、お辞儀は、只々自分の身を小さくすることを大切にされて来ました。
また、人間の身体で最も弱い部分である頭を相手の前に差し出すことから、
「私にはあなたへ敵意はありません」
「あなたへ敬意を持って接します」
と言うことを表します。

別な捉え方として、お辞儀は対面し、接する相手に「思い遣り」=思いを届ける、
の意を表現する目的があり、自らの心を、相手の心へ近づける意を表すために、
胸から前に出すように意識し、腰から折り曲げてするとも言われます。
お辞儀(礼)は日常生活、ビジネスの場、接客接遇の場などのあらゆる場面で、
円滑で潤いのある人間関係を築くために無くてはならないものであり、相手に対する心、
思いやりや敬意を表現伝達する為のものです。

日本は四季が有り、夏は湿気が多く、お互いの手が汗で湿っていることが多い状況から、
日本の文化である作法において、握手やハグは敬遠され、お辞儀をする文化が広まったのです。

〇心を伝える品格のお辞儀 (心の篭った、品格のあるお辞儀)
お辞儀は、人付き合い、サービス業やビジネスマナーの基本(基礎)とされています。


お辞儀の種類

お辞儀は、礼の深さによって、会釈、普通礼、敬礼、最敬礼の4種類に別けられます。
また、無言の礼として黙礼や目礼(目と瞼を使い行う礼)会釈(5~15度の礼)/普通礼(30度の礼)
/敬礼(45度の礼) /最敬礼(60度~90度の礼)
別の分け方として分離礼=語先後礼と同時礼=語礼同時(語礼一体)があります。


品格のあるお辞儀【7つのポイント】

1.姿勢=意図目的、自然さと綺麗さを意識する
 イ)足元(つま先、踵)=一般的には踵を合わせ、つま先を45~60度前後に開く
   踵を合わせないで、一方の足をもう一方の足の中ほどからやや前方に軽く付けるか数㎝離し、
   「ハ」の字型にする。
   言葉とお辞儀の目的に合わせ後ろに位置した足を前後に移動させる。
   この足の形をすることで、体が「くの字」にならないし、お辞儀が比較的楽に出来る。
 ロ)お尻=始動時と終了時に軽く合わせる
 ハ)背筋=下腹部に力を入れ、真直ぐに伸ばす
 ニ)手(男性)=指を軽く伸ばし指先を揃え、ズボンの縫い目に中指を合わせる。
    (女性)=左手を軽く握り、右手で覆う。出来る限り爪は見せないようにする。
 ホ)肘=身体のラインに合わせる
    (見た目の美しさを優先した、体のラインからはみ出たL字型の肘の形は自然ではない)
 ヘ) 顎=身体と平行
 ト) 口元=軽く結ぶ(お辞儀をする意図により様々に変化)
 チ) 首=真直ぐに
 リ) 目線=お辞儀の種類により変化
 ヌ) 表情=言葉とT.P.Oに合わせる

2.アイコンタクト
  =意図、目的に合わせ、僅かな時間を調整する

3.始動時
  =「気をつけ」の姿勢を意識し、踵を付け、お尻とお尻を合わせる

4.腰から折り曲げる
  =意図、目的に合わせ、速さを調整する。折り曲げながら、伝える心を意識し、言葉を念じる

5.停止
  =意図、目的に合わせ止める僅かな時間を調整する。伝える心を意識し、言葉を念じる腰を戻す

6.腰から起こす
  =意図、目的に合わせ起こす速度を調整する。再度伝える心を意識し、言葉を念じる。

7.決め(終了時)
  =もう一度アイコンタクトとし、「気をつけ」の姿勢を意識し、踵とお尻を合わせる
  お辞儀の動作は以上の通りです。品格のあるお辞儀のポイントは始動時の表情と姿勢、
  お辞儀の曲げ起こす動作の速度、停止時間、最後の決めにあります。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1497-9d28036e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    お辞儀の品格は「人現力」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇お辞儀の心と目的 お辞儀は相手への自らの心を表し伝えるために行います。同時にその人の相手に対する【礼】を
    2012/07/06(金) 01:10:54 | まとめwoネタ速neo