接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  言葉に「心」が表れる

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

言葉のニュアンスの大切さ

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

言葉から受けるニュアンスの持つ意味を予め知っておくことも大切な人への思い遣りです。
心の篭った言葉と、態度が伴ってこそ、相手に素敵なニュアンスを与え、心に余韻を残します。

★言葉遣いや会話から察知出来ること。

 話し方、言葉の使い方から、相手の心身の健康状態、心のホジションを察知する。
 挨拶時、会話時の言葉から察知する
 相手の自分への意識が察知出来る(解る)

イ)心と身の身嗜み 

 心と体の健康状態が声の大小、スピート(勢い)、強弱など相手への言葉の使い方、
 伝え方に微妙に影響する。

ロ)取組意欲・姿勢 

 相手の状況を察知し、積極的に行動しようとする意欲の表れが、言動に反映する。
 傾聴姿勢に心が表れる。
 手先、足先(膝)を揃えて会話する。
 先に着席しない。
 腕組み、足組み、貧乏ゆすりは不可。

ハ)信念とプライドが現れる
 
 心と生き様、仕事に対する信念、自信とプライド(誇り)がニュアンスから響いてくる。

ニ)協調性
 
 周囲の人々やお客様への思い遣り≒協調性(触れ合い)が微妙に出てくる。

ホ)自己主張・顕示

 文や会話時の「が=我」と「わ=輪・和」の言葉の使い方に、相手への心の位置が表れる。
  「私は(輪・和)・・・・・と思う」≒利他
  「私が(我)・・・・・と思う」≒利己

ヘ)教養度・信頼度(≒常識・モラル)
 
 マナー思い遣りの形」が本質を備えた本物か、信頼出来るかと言ったことが読みとれる。

ト)個性

 本人のアイデンティティーやパーソナリティ、人格形成の度合いが滲み出る。
 日々触合う人、お客様や大切な人は言葉と態度から様々なニュアンスを感じ取れます。

チ)使うことを避けたい言葉(特に目上や年長者の方)

 「そうかも」又は「かも知れない」(≒自分主体)は不可
 「考えておきます」(≒自分主体) は不可
 「・・・・・してあげる」(≒自分主体) は不可
 「そうですかね~」(≒自分主体) は不可
 「参考にします」(≒利己・上目線)の言葉は決して使わない
 「本物ですね」(≒目上に自己規準は不適切)
 ※曖昧な言葉遣いは無礼であり、不信の元だと自覚する
 ※公、仕事(ON)とプライベート(OFF)のけじめをつけて言葉を選び会話する(≒態度も重要)

参考)メールのレス(レスに心が表れる)
メールのレスは、出来る限りひと言でも返す。
(レスの一分を作ることは信用を作るor心の意識の位置が解る=察知出る)


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1499-f7b2c838
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    言葉のニュアンスの大切さお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用言葉から受けるニュアンスの持つ意味を予め知っておくことも大切な人への思い遣りです。心の篭った言葉と、態度
    2012/07/07(土) 13:04:54 | まとめwoネタ速neo