接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  伝えて当たり前、伝えて好感の言葉

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

伝達意図に適した言葉は?

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

伝達意図
 ※下のA.B.C.を言葉の例イ)~レ)に当て嵌めてみて下さい。

 A.伝えて当たり前、伝えないと不信感を与えてしまう言葉

 B.伝えないで普通、伝えれば好感や好印象を与える言葉

 C.思い遣りや様々な心を伝える言葉


〇言葉の例
  (主な言葉を載せてみました。下記以外の言葉もA.~C.に当て嵌めてみて下さい。)

 イ)「いつもお世話になっております」or「常々、お世話になっております」

 ロ)「ありがとうございます」or「誠に有難うございます」

 ハ)「有難く存じます」or「心より感謝(致して)しております」

 ニ)「お気遣い、有難いです」or「お気遣い、有難う御座います(感謝致します)」
 
 ホ)「お手数をお掛け致しました」

 へ)「失礼いたします」or「失礼させて頂きます」、「失礼とは存じますが」

 ト)「とんでもございません」「恐れ入ります」 or「恐縮です」、「恐縮致しております」

 チ)「心より感謝申し上げます」or「感謝致します」

 リ)「素早い(≒早速)の御返答(≒御対応・御処理)誠に有難う御座います」

 ル)「わざわざお電話頂戴いたしまして、有難う御座いました(有難う御座います)」

 オ)「お忙しい中(御用繁多な中)、貴重なお時間を割いて頂き、有難う御座いました」

 ワ)「先日はわざわざ、御足労頂き(お越し頂き)、有難う御座いました」

 カ)「卒爾ながら(突然で失礼で御座いますか)」
   (卒爾) =俄かなこと。その様。出しぬけ。突然。軽率なこと。その様。軽弾み。

 ヨ)「申し訳ございません」or「誠に、申し訳ございません」

 タ)「御心配(御心労)をおかけし、大変申し訳ございません」

 レ)「私どもの不手際(不行き届き)、心よりお詫び申し上げます」


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1504-092a2851
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック