#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 日本の風習「お盆」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

~日本人として弁えておきたい「日本の心」~

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

お盆は日本古来の風習である子孫が先祖の御霊をお迎えし、その供養すること、
同時に私達は第二次世界大戦で亡くなられた多くの人々御霊によって守られ、
今生かされていることへの感謝とその御霊への供養のために行う、
日本人として生活する上で大切な行事です。

と同時に、昨年の東日本大災害で尊い命を失われた方々の御霊の供養であると思います。
そして、先祖や戦争並びに震災で亡くなられた多くの御霊に対し心からの供養、
更に復興に向けて歩み始める新たな決意を改めて再認識する「お盆」ではないかと思います。

私達は東日本大災害を受けたことにより、

私達日本人の心に忘れかけていた古からの日本の心の素晴らしさ、
日本人としての大切な様々な心や誇りを気付かせてくれたばかりか、
豊かな生活環境に慣れてしまい他者を「思い遣る心」である「利他心」を失いかけていた、
私達ひとり一人にその大切さを再認識させてくれたとも思います。
今こそ「温故知新」の心を持ち古に立ち返り、そしてそこから新しい日本人を創る大きな
ターニングポイント】ではないかと思います。
私達ひとり一人の日本人が素晴らしい日本のおもてなし、日本人の心「他者を思い遣る心」を、
震災に支援をして頂いた多くの世界各国の人々に伝えて行きましょう。

お盆を迎えるに当たり、次のような言葉が思い浮かびました。
報本反始
※天地や祖先などの恩に報いること。
 人が天地や祖先など、存在の根本に感謝し報い、発生のはじめに思いを致すこと
温故知新
守破離
衣食足りて、礼節を重んじる
利他心


(参考)お盆の知識・・・以下Wikipediaより引用
正式名称は「盂蘭盆会(読み:うらぼんえ)」。
先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく、成仏してくれるようにと、
子孫が、報恩や追善の供養をする期間を「お盆」と呼ぶ。
特に、人が亡くなって49日法要が終わってから最初に迎えるお盆を初盆、
又は新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)と呼び、家の門口や、お墓に白一色の提灯を立て、
初盆以外のお墓には白と赤の色が入った提灯を立てるなど、特に厚く供養する風習がある。
キュウリとナスビに割り箸を刺して馬と牛に見立てた精霊馬(しょうりょううま)を飾る地域もある。
・キュウリは馬の例え-お盆の時に、少しでも早く迎えられるようにとの願いを表現。
・ナスは牛を表現-お盆が終わって、帰るときはのんびりと。
日本では、推古天皇の14(606)年に、始めてお盆の行事が行われたと伝えられている。
各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わり、宗派による違いなどによって様々だが、
一般的に先祖の霊が帰ってくると考えられている。
お寺では施餓鬼供養をするが、家庭では先祖の霊が帰ってくる日として様々な行事を行う。
お盆の行事は釈迦の弟子の一人目連尊者(もくれんそんじゃ)が母を救う話に由来している。
目連尊者はある時、神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知った。
そこで、どうしたら母親を救えるのか釈迦に相談したところ、
「夏の修行が終った7月15日に僧侶を招き、
多くの供物を捧げて供養すれば母を救うことが出来るであろう」
と言われたと伝えられている。
そこで、目連尊者が釈迦の教えのままにしたところ、
その功徳によって母親は極楽往生がとげられたという。
それ以来(旧暦)7月15日は父母や先祖に報恩感謝を捧げ、供養をつむ重要な日となった。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1519-5d2d9f41
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック