#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 『挨拶』の研修テキスト(抜粋)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

挨拶』の講座テキスト-サンプル教材
挨拶の研修に使ったテキストの一部です。(短時間の研修向きです)
621901_285503528223759_2069033718_o (1)

■『挨拶』の語源

挨拶は、相手の心を開き、相手の良い部分を引出す。
磨かれた挨拶は、利他心を育み、素敵に輝き、人を幸福に導きます。

『挨』=「開く」「押す」「迫る」 
『拶』=「押し返す」「引き出す」「迫る」

■『挨拶』時のポイント

「あ」アイコンタクトして (or) 相手の目を見て(相手に向かって)

「い」いち早く (or) いつでも

「さ」察知して (or) 先んじて

「つ」次のアクション (or) 続けてひと言(一言)

■『挨拶』の一声とひと言
イ)一声➜一つの声(音) ⇒輪唱や唱和などの際(滑舌・活気)
ロ)ひと声➜人の声⇒温もりや個性(口調・言い回し)
ハ)一言➜一つの言葉 (語句) ⇒心(思い遣り)を表現する語句(例)-ありがとうございます
ニ)ひと言➜人の言葉 (語句) ⇒温もりや感情、想いを表現する語句(例)-目が輝く・元気

■『挨拶』の組立て
1.名前⇒挨拶言葉
2.挨拶言葉⇒名前
3.名前⇒挨拶⇒一言(ひと言)
4.挨拶⇒名前⇒ひと言(一言)

◆「感謝」の種類
イ)感謝・・・有り難く、嬉しい 
ロ)拝謝・・・とても有り難く、とても嬉しい
ハ)深謝・・・深く有り難く、心の奥底から嬉しい

◆「感謝」の表現
イ)嬉しい時
ロ)有り難い時
ハ)嬉しくて有り難い時

お辞儀の種類・分類と用法

A. お辞儀の種類
1.会釈 15度(≒黙礼)
2.普通礼 30度
3.敬礼  60度
4.最敬礼 90度
5.目礼(瞼を合わせる)

B. お辞儀の分類と用法
1.同時礼⇔主に普段に使う・仲間や親しい人
2.分離礼(語先後礼)⇔敬意を表す・初対面・上司・年配者など
3.混合礼⇔ТPОに合わせ総ての場合に用いる

◎「はい」の返事 
≪  ≫内に当て嵌まる漢字「一文字」を入れて下さい。
次のような時に「はい」の言い方が変ります。

① 受命(指示受)の時⇒力強く・安心感を与えられるように≪  ≫
『〇〇しなさい』⇔(念じる言葉)かしこまりました・分かりました

② 自分に役立つ有り難い話しや教え(指導)を受ける時⇒有難く聴きます≪  ≫
『理解できましたか・判りましたか』⇔(念じる言葉)ありがとうございます

③ 気付かないことを言われた時⇒もっと観察します・より気を付けます≪  ≫
『ゴミを拾っておいて・清潔に』⇔(念じる言葉)気を付けます・目配りします

※発言や意見を発する時⇒自己表現・自己主張・発言や意見を言う時≪  ≫
  力強く自分が目立つように発言する時に挙手と共に言います。


関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1522-98afa034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック