接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  心の原点【心の基礎体力】の修得(1)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

礎ロゴ心の基礎体力
利他心」≒「思い遣り」を学び知り、修得する


お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

皆さんは、先ず人を思う利他心思い遣り感謝誠実立場転換、自己犠牲
などと言った人としての心を形成する要素を家族や会社の仲間に問われた時、
前記した夫々が具体的にどのようなことなのかを、自信を持って答えられますか?

私は、今迄生きて来て、取り返しのつかない大変な過ちをしてしまったと後悔していること、
人生の後半になってから気付いたことが数多くあります。
正直、一生気付くことが出来なかったより、年齢を重ねた今、気付くことが出来たのを「由」、
とするしかないなぁ、なんて自分自身に言い聞かせるようにしています。
今振り返って見ると、社会で生き抜く上で何事も自己事情優先で生きて来てしまったことです。
他人を頼って甘えること平気で行い、自分に甘く、
自らの自分勝手な感情を自制すること、
己の煩悩に負けないようにするには、
どうしたらいいのかを考えもせず、
利己的で其の場凌ぎの人生だったとつくづく思っています。

具体的に言えば、それは、
自分がしたことに対し相手からの見返りを求めたり望んだり、
自分自身の様々な煩悩や色々な欲望を心の奥に持ちながら相手に接したり、
時に、他人から何かを問われたり、依頼されたりすることに対し、
自己事情や損得を優先して対人関係や物事を判断してしまったり、
自分に直接関係ないことを聞かれても無視したり、知らん振りをしたり
メールや電話での問いかけにいい加減に答えたり、
その時の気分や自分の都合で其の場凌ぎや言い訳を優先したり、
書き出したらきりがないくらい自己事情優先で生きて来てしまったことです。

今思い返すと人として、世間の荒波に揉まれていないから、
人生経験が未だ浅いからとか、育った環境が酷かったから、
と言うことでは決して済まされないことばかりです。
恥ずかしながら、このことは「必然」と「運命」に関係すると
人生の終盤になり思えるようになりました。
また一方では、他人の目(外見)、他者の思惑、対外的な対人関係ばかりを気にし過ぎてしまい、
対人関係構築に必要な自分自身の「心の創造」、
即ち【心の基礎体力】作りに目を向けなかったこと、
思い遣り」とは一体どんなことなのかを学び知り、修得なかったことがあります。

もっともっと早く気付けたらと思われるこのようなこと、
それを突き詰めて言えば、他者を「利他心」≒「思い遣る心」を学び知り、
身に着けられるように修練して、その心を備え持つことの大切さです。

この「利他心」≒「思い遣り」を学び知り、それを掘り下げて行くことによって、
中年に至る迄、気付かなかったことや思いつきもしなかったことが数多く解るようになりました。
そのひとつは、普段の生活上や人との触合い、接客や接遇に関わる色々な所作や心構え、
人物や物事を観察し見極めることがある程度出来るように成ったことです。
同時に他者の考え方や意識、行動・態度の取組姿勢が見えてくるようになりました。
思い遣り立場転換誠実など、心に関わるチェックリスト類は、
こういった苦い体験を振返ることが元になっています。

この様な体験から、今社会で持て囃されている対人コミュニケーションスキルの「原点」は
「己の心創りにある」ことを多くの方々に知って頂くと共に
気付いて貰いたいと言う思いが強くあります。

言い換えれば人と繋がり結び付く為の人としての【心の基礎体力】が重要だということです。
そして、それは自分を指差し、足りないことを見つけ出しそれを補う努力をすることから始まります。
人によっては、それは日々の生活をしながら、
人との触合いの中や先人の背中を見ながら学んで身に着ければいい、
と言う人も居ると思います。

しかし、時代の流れが速く、溢れるばかりの様々な情報があり、意思決定、意思表示が曖昧に
なつている現在の日本社会状況はそんな流暢なことを言っている余裕はないのではないでしょうか。
少なくとも「己の心創り」の元となる、
利他心」とは何たるかを知識として自らの心に確り貯えて置き、
対人関係や物事の判断基準として持つことはそう難しくなく出来ることだと考えます。

この「利他心」を学び知ることは、人として幸せを掴む近道でもあると思われます。
例えば
「先ず、人を思う」
「自分の為より、たれかの為に」
感謝は人を動かし、自らに戻る」
「情けは人の為ならす」
「二分の一の法則」
ということがどんなことかを知識として学び知ることなどがあります。

これは「リターンアイ」=ReturnI、即ちリターン愛・リターン逢い・利他愛とも言い表せます。
また、無視したり、知らんふりをしたり、曖昧にしたりすることは絶対に避けることも「利他心」です。

何故の心を以って、立場転換感謝、奉仕、寛容さ、誠実さなどの「思い遣り」が何たるか、
「利他心」とはどんな心を指すのかを一日も早く学び知ることをお薦めします。

何故なら「利他心」≒「思い遣り」がどんなことかを知識として備え持つことは、
幸福な社会を創り出し、人間関係を円滑にし、企業の実績を高めと言ったことにも結び付き、
個人の孤立を防ぎ、社会からいじめや虐待、人として成してはならない悲しい事件を少なくする
と共に、己の心を育むと共に「心豊かで幸せな人生」を歩むことに直接繋がるからです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1528-a21b6fce
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック