接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  心の原点【心の基礎体力】の修得(2)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

礎ロゴ 人原力”を身に着ける

思い遣る心を学び知ることは、心と仕事を大きく育みます

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

私達は武断の生活上で人として大切な【心の基礎体力】を形成する数々の要素の知識に
ついて意外と解解しているようで、いざ解説しようとすると
中々上手く説明出来ないのが現状ではないでしょうか。

今迄職場や研修で、以下の「」内に記したことをスタッフや新人に決まって質問されます。
皆さんは、次のように質問されたらどう受け答えますか?

「優しさって、一体どんなことを言うのですか?」

「思い遣りって、具体的にどんなことを指して言うのですか?」

「礼節(礼儀)って、具体的にどんな風にすれば良いのですか?」

「感謝って、実際にどんなことで表現すればいいのですか?」

「立場転換って、具体的にどんなことを指して言うのですか?」

「謙虚・素直さって、具体的にどんな風にすればいいのですか?」

「お世話・奉仕って、具体的にどんな行動を言うのですか?」

「誠実さって、どんな意味で、どんなことを言うのですか?」

「寛容さって、具体的にどんな意識と態度を言うのですか?」

「認め、認められることって、実際にどんなことを言うのですか?」


・・・等々。

このような質問にすらすらと答えが出せるようで、以外と出せないことがありませんでしたか?

社会生活をする上、様々なサービスやおもてなし、営業の場、職場内でのチームワーク、
社内での活動などにこのようなことを、確りと知識として知っていたらどうでしょうか?

皆さんが、普段の人との触合いや仕事上などで、
このような知識を前以って持っていたら、どんな風に役立つと考えますか?



この心の様々な要素に関連する知識を備え持ち、実生活の中で生かすことは、
ひとり一人の心を育み幸せを掴み易くすると共に、
対人関係力(コミュニケーション力)、自己表現力(≒意思表示)
と言った生きる為の技(≒ライフスキル)を生かすためにも、とても重要なことだと考えます。

私は、「思い遣り」(≒利他心)を学ぶことで、対人関係を始め、
接客や接遇、おもてなし上の様々なことが見えるようになると共に、
今迄の体験に照らし合わせ理解しある程度の説明が出来るようになりました。

この「接客マナーは心の礎」に書いた数々の接客接遇のチェックリストなども、
今迄の体験を「思い遣り」(≒利他心)に照らし合わせることにより作成致しました。

以前、医療関連のアンケートの記事を載せた時、
「このような内容の載っている本がありましたら教えて下さい。」と問い合わせがありました。
私は、「患者という実体験から書いております。」とお答えしました。
また、ある飲食店のオーナー共にカウンターに入り接客の指導をさせて頂いた時に、
「接客業は、思いやりが大切ですね。これを学べばどんな業界の接客でも一通りは熟せますね。」
と言われたことがありました。
「マスター、その通りですね。お客様を思う心から多くのことが見えてきます。
 それを接客サービスに結び付ければ素晴らしい接客が出来ます。」
と話したことがあります。

このような体験から、「思い遣り」がどんなことかをよく学び知ることで、
日常生活は勿論のこと、人と接する仕事関わる仕事にも大変役立ということです。
このことを多くの方々に周知する為に、私一人の力で出来ることは、極僅かだと思いますが、
何も行わないよりは良いと考え、色々な活動をして行きたいと考えています。

人としての「心の基礎体力」作りは、人としての【原点】に立ち戻ること、
即ち人として備えておくべき様々な【心の要素】を学び、知識として修得ことがスタートだと考えます。
その為に、人が人として生き抜く上で必要とされる「心の基礎体力」を様々な場などで解説し、
一人でも多くの方々に知って貰えるようにして行きたいと考えております。
今後はこれからの時代を担う若者や子供達に、今後の様々な厳しい社会環境に耐えられ、
チャレンジ出来る心を育む為の「心の礎」創りに微力ながら出来る限り尽力したいと思います。

その為にも、数多くの皆さんの御力添え、御支援を賜りたく存じます。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。 minoru.motoi


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1531-c057742f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック