#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 【心の基礎体力】の修得-改訂

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

礎ロゴ 心の体力の必要性

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

今の社会環境は溢れるばかりの情報があり、めまぐるしい勢いで変化し、成長しています。
現在の日本では、その変化や成長に、「人心」が追いつけていないと思えてなりません。
今の日本では、個人が中心の社会環境になり、
その様々な歪により、一年間に三万人以上の自殺者が出ており、
また毎日のように人としての心を失った悲しい事件が起きています。

一方では、個々人の安心安全を優先する意識が高まった結果、
利他心よりも「個」を重んじ、利己的な考え方を優先するような行動、
或は、現在の生活環境に馴染めない七十万人余の引きこもり・ニート、
六万人もの児童虐待人、数えきれない“いじめ”などと言った
様々な社会問題を生む要素になっているとも思われます。

この起因(要因)は、一人の人間としての【心の基礎体力】の欠如からと思われてなりません。
多くの人達が本当の自分自身の心を知ろうとしないで、
対外対人的な対人関係力ばかりに目が向けている今の社会へ疑問と様々な問題意識からです。
同時にその歪は、昔から日本人の芳しくない体質を引きずり、
外交上や国政における目先のことばかりを優先した、
その場凌ぎや事なかれ主義になる要因になっていると考えます。

一方、一般の人達は、人の思惑や外見、対外的な対人関係力(コミュニケーション手法など)
ばかりに目を奪われ、肝心な人としての心(心の基礎体力)を育むことに
目を向けなくなっていると思える節々が多々見られます。

私は、このような現在の日本の社会環境状況やひとり一人の心の持ち方に、
とても大きな危機感を抱き、それを解決する対策や施作に一刻の猶予もないと考えております。

日本の社会は、つい最近まで「人の背中を見て育つ」時代でしたが、
前記したように変化の著しい今の日本の社会環境では、
日本古来の文化である「武士道の精神」や日本独自の「おもてなしの心」よりも、
海外に生まれた手法であるコーチングや心理学、ブランディングと言ったものを用いて、
人心を育むようになりつつあると思います。
その中には日本人の体質に合わせた素晴らしい手法と感服させられるものや育成法も多々ありますが、
世界各国が注目する日本独自の文化を称した「クールジャパン」と言われることを育むには、
古より育まれた日本独自の文化「おもてなし」の中に在ると思います。

古から日本文化の武士道やおもてなしの精神を「温故知新」の心を以って掘り下げ、
今の時代に合った日本独自の日本人ならではの【心創り】をすることが急務と考えます。

今回のオリンピックでも、身体と心の「基礎体力」のある方々の活躍が多く見られました。
スポーツ選手は、誰もが自己の能力を発揮する為に基礎体力作りに重きを置いています。
同時に基礎体力作りと同様に、彼らに重要とされるのは、明確な目標を自分自身に課せ、
様々な苦難に挫けず、何事にも果敢に挑戦すると共に、周りの環境に左右されず、
己に打ち勝つ強靭な【心の基礎体力】であると考えます。
上記のスポーツ選手に限らず、私達の日常生活の中でもこの【心の基礎体力】が大切です。

この基礎体力の要素については、昨日の記事にもある思いやりの心(誠実さ・立場転換・感謝等)を
大まかに解っていても、意外と具体的な解説が出来ないことが多いのではないでしょうか。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1532-de01d547
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック