#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 『源』に気付く (新)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

人しての心と行動-(サービス業従事者として)

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

日々の人との触合いやおもてなし・接客において、全ての『』となる【KeyWord】があります。
人として一人ひとりの愛する人のため、お客様をおもてなしするため、会社やお店の仲間のため、
これから直面する厳しい社会状況を乗り越えるためにも再認識し、
常に心掛けなければならない大事な【KeyWord】です。
強いて言えば、自らの心や仕事を成長させ、リスクをチャンスに変える【KeyWord】です。

☆サービスマインドの
☆全てのマナーの
☆愛情の
☆優しさの
おもてなし
☆ホスピタリティの源
☆感謝の源
☆感動の源
☆余韻の源
☆C.S.顧客満足の源
☆E.S.従業員満足の源
☆C.D.顧客感動の源
☆P.S.個客満足の源

皆さんは【KeyWord】は、何だと思いますか?

そのキーワードは、『大切な人』です。

大切な人』への「思い遣り」の心を以って、お客様に応対すること。

大切な人』への「思い遣り」の心と「感謝」の心を以って、部下に接すること。

大切な人』への「思い遣り」の心を以って、周りの人々と触れ合うこと。

大切な人』への誠実な心を以って、「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えること。

自分の『大切な人』と同様な心を以って、
見返りを望まず求めず「奉仕(お世話)の心」で接すること。


この【KeyWord】は、これからの厳しい時代を乗り切るポイントとなるのではないでしょうか。
そして『大切な人』と言う【KeyWord】は、先ず人を思う心である「利他心」にも繋がります。
おもてなし、接客サービス、ホスピタリティほど奥の深いものはありません。
どうしたら、お客様やクライアント、相対する人に喜んで頂けるか?  
それは、「自分の大切な人」に接する気持ちで相手に接し、応対することです。
これができれば、ある意味サービス業に携わる者としては合格です。
スキルや技術等も大切ですが、この「先ず、大切な人と思うこと」が一番重要だと考えます。
人と触合うサービス業ほど、奥の深くこれで良いと決めつけられるものはありません。
特に今の時代は他のお店がやっていないことをやっていかなければこれからは生き残れません。
どうしたらお客様を笑顔にし、満足して頂けるかを、いつも意識して接客応対し、
お客様が喜ぶことなら可能な限り行うべきです。

例えば、入店時又はファーストアプローチ時に「いらっしゃいませ」と言わせないお店があります。
そこでは、「おはようございます」「こんにちは」「今晩は」などと言うように指導されています。
理由を問うと、「いらっしゃいませ」では、お客様や相手は返事ができませんが、
「こんにちは」なら、「こんにちは」と返せるからだということなのです。
お客様とのコミュニケーションがとれるということらしいのです。

これからは、なにかしらストレスの多い社会ですし、
仲のいい友人の家などを尋ねて行った時のような雰囲気を味わえる
サービス業の店舖が生き残れるのではないかと考えます。
即ち、一人一人のお客様を大切な人と意識し、
おもてなしの心」を以って、接したり触合いをすることです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1540-82d390bc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック