#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 利他の心「無財の七施」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

モノ」と「コト」から生まれる感動

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

無財の七施jpg

日本の「あもてなし」には、あらゆる「モノ」を以って、その主人のもてなす心である「コト」を、
客と共に通わせ合い、それを成すという利他の意味があります。
このもてなしには姿形として目に見えるものと言われている「モノ」と、
決して目に映ることのない心や意識を指し示す「コト」とがあります。
その「コト」は歌舞伎の舞台で言うと、「黒子の心」を以って表現する「態度」「言動」を指しています。
詰り「コト」とは、もてなす相手やお客様に接する際、もてなされる側の立場で思慮し、
誠心誠意の心、思い遣りの心で、自然なお世話や気配り、気遣いを影の様に行うことです。
大切な人やお客様、触合いもてなす相手に対し敬意を払い、
思い遣りのお世話の心を以って温かく接する「心」は「おもてなし」と「ホスピタリティ」は
同様な部分があると思われます。
日本の「おもてなし」と「ホスピタリティ」の違いは、この「モノ」と「コト」と共に存在する
「行動様式」にあると考えます。
古からの仏教の教えに「ありがとう」「お陰様」の気持ち(心)を行動で表し示す身近な実践として、
無財の七施」があります。
それは、私達の日常生活に於いて、お金がなくても、物がなくても周りの人々に喜びを与えて行く、
少しでも喜んで頂ける方法があると、岡田茂吉氏の教えである「利他」とも解せます。

無財の七施
1.眼施 (げんせ)
 温かい眼差しで接する。
2.和顔施(わげんせ)又は和顔悦色施(わがんえつじきせ)
 明るい笑顔、優しい微笑をたたえた笑顔で人に接する。
3.言辞施(ごんじせ) 
 心を込めた思い遣りの優しい言葉をかけて行く。
4.身施(しんせ)
 人のため、社会のために肉体を使い働くこと。ボランティア活動(お世話・奉仕)。
5.心施(しんせ)
 「ありがとう」「お陰様で」などの感謝の表す言葉と態度、思い遣りの心を込めて人々と接する。
6.牀座施 (しょうざせ)
 場所や席を譲り合う、譲り合いの心です。
7.房舎施(ぼうしゃせ)
 訪ねてくる人があれば一宿一飯の施しを与え、労をねぎらう。転じて、温かなおもてなし


この教えも「日本のおもてなし」に大きく影響しているのではないかと思います。
「日本のおもてなし」は、何気なく自然に目に映る「モノ」その物の持つ
「味わい」と「余韻」をとても大切にしています。
例えば、茶室などの建造物、庭園、盆栽、置物や家具建具、食器、飾り物、飲食物、
接する人の立ち振舞い、身なり、演出された様々な芸(演芸)である芸人や芸者による舞踊や音楽と
各々の味わいなど、もてなす相手を取り巻く環境の全てにおもてなしの心を表現しています。

また、茶屋に何気なく飾られている野の花、もてなす相手の感性に合わせた掛け軸やお香、
様々な置物、茶道に於ける、お点前に使う茶器や点てる為に使う道具類や炭に至るまでの
全ての「モノ」に「おもてなしの心」が込められています。
日本古来の懐石料理、茶懐石と言ったお料理は、観て、食することを通して、
もてなす人の心や素材、器の持つ様々な味わいとその全て環境、
食後の余韻を楽しむ日本文化の「おもてなしの心」の表現した代表的なものです。
このように日本のおもてなしは、伝統文化(芸道、武道、茶道、花道、香道、礼法、建造物)の
粋と味わいが「モノ」に込められております。

この表に見えない裏の「コト」=『心』こそ、日本の心であり、
あらゆるおもてなしに最も重要であり大切であると常に意識しておくことです。
同時に、もてなしは『表裏なし』、つまり表裏のない心でもてなす人を迎えることをも意味します。
また、おもてなしは『裏表なし』と、文字通り『表なし』の二つの意味を持つとも解釈出来るのです。

日本人は、『表なし』の心を持ち、慎み深く、地味を愛し、とても几帳面な国民性があり、
誰に対しても自然に親切にする意識や相手を思いやる優しい心を持ち、
一方では人に不快感を与えない程度の距離を保ちつつ、
相手へのお世話や気遣いを気付かれないよう表面に出さずに行い、
良い人間関係を作ることを常に心情にしています。

これは、前記したように舞台で言う、「黒子の役割を果たす心構え」であり、
もてなす人への心を表に出さない態度である隠れた『表なし』心こそ、
日本のおもてなし」なのです。
「日本のおもてなし」は、もてなしの「コト」に当たるもてなす人を慈しむ心、心の優しさ、
自然さ、さり気なさ、慎ましやかさに重きを置いているのではないかと考えます。

また、別の角度からみると、その時の感動や感激よりも「余韻」を重んじる傾があると考えられます。
普段の日常生活において、「私は優しい」と言う人に本当の優しさを感じたことがありませんし、
そういう風に自分を表現する人には優しい人はいないのではないかとも思います。
「日本のおもてなし」も、上記した優しさの表現と同様に、こちらからおもてなしの心を押し付けたり、
知らせたりするものでありません。

また、現在のように、目に見える過度の演出や無理のある作られた感動と言ったおもてなし?で
C.S(顧客満足)を無理に与えようとすることは「日本のおもてなし」ではないと考えます。
日本のおもてなしやホスピタリティ何れにおいても、C.S(顧客満足)はお客様や
もてなされる側の方々が感じることであり、与えるものではないということです。
もてなされる側の人々の心の中に、自然に受け止められ、感じられるものだと考えます。
また、「裏表なしの心」は、飲食業、接客業・接遇の仕事だけに限らず、
日常生活上の人との触合いやお付き合いにも当て嵌ります。

今の時代は、多種多様な情報や形として「おもてなし」の「表」とも言える
目に見える微笑や笑顔、言葉遣い、お辞儀、姿勢、態度)の情報などを、
ネットやコンサルタント、インストラクターと言われ方々等を通して手軽に得られ、
身に着けられるようになりました。
しかし、おもてなしをする個々人の個性や資質にぴったりマッチした
「おもてなし」の「コト」の伝達や表現のために、
不可欠とされるその人の心の持ち方・意識や感性まで学ぶことは、
他の人間からの知識や教え、情報だけでは出来ません。
おもてなしの場に於いては、もてなす側、もなされる側は十人十色であり、
外見を始め、内面の心・感情も、常に一定ではありません。
型通りマニュアルだけでは日々触合う人々、大切な人、様々なお客様にピッタリ合った、
心の通い合える「本物の日本のおもてなし」は到底出来ないことなのです。
この様な触合う相手の個性に合ったおもてなしの仕方、
接する人々に合ったおもてなしの表現や伝達が、大切な人やお客様の心を動かし、
感動、感銘や余韻を与えられるのです。

現在のこの厳しい時勢を乗り越える為には、
この隠された裏の心「コト」を大切な人やお客様に表し、
お伝え出来る「思い遣り」や「感謝の心」の感じて頂ける真心の感じられる温かなおもてなしと、
様々な要素の余韻やもてなしを受けた感銘が心に残ることが大切であると思います。
優しい目線、柔和で温かな表情でもてなす相手やお客様を観察するのみならず、
常に相手やお客様の立場に立ち気遣いし、相手の心や感情をいち早く察知することにアンテナを張り、
何らかのアクションがある前に、さり気ない自然な形のお世話の提供をすることは、
あなたにしか出来ない「日本のおもてなし」です。

その為にも日々触合う人々、大切な人、お客様の心理を察するために、
ちょっとした仕草や僅かな表情の変化から、
相手やお客様の心を察する鋭い察知力を身に付ける必要があります。
おもてなしの心の通い合いには、この様な表に出ない影の役割をシッカリ果たすことです。
「日本のおもてなし」は、もてなす相手やお客様に思いやりを、
裏表の無い心「コト」で伝え、触合う相手と心を一つにし、誠実な態度、
優しい奉仕の心で一所懸命に行うことです。
これは、「一期一会」の心と全く同様です。

もてなす夫々の相手やお客様の個性に合わせたもてなす側の「コト」の表現や伝達が
大切なお客様の心を動かし、感動、感銘や余韻を与えるのです。
それは、もてなす相手やお客様を敬い、もてなす側の偽りのない心を表し伝えることなのです。
触合い接する相手やお客様に対し、お陰様で、有り難い、と思う裏の「コト」の心を持ち、
心の通うおもてなしをすることが、もてなされる方の心に感動や感銘を生み出し、余韻を与えます。

日本のおもてなしに於ける感動のメカニズムを端的に表現していた世阿弥の短いフレーズ
秘すれば花なり、秘せずは花なるべからず」は、まさしく日本のおもてなしの心です。
表は「モノ」を指し、目に見える様々な形や言動、裏は「コト」を指し、
日々触合う人々、大切な人、お客様に接するスタッフの裏に隠されたもてなす人を
思いやる優しい心で相対(愛態=愛情と態度)することです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1547-84bce32e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック