#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「人間力」の考え方

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

人として備えておきたい「心」の知識「人間力

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

人間力jpg


現在まで当ブロクの記してきた「にんげん力」の全ての力を集約したものを表わす言葉が、
人間力』であると私見ながら解します。
そこでこの「人間力」についての社会に於ける捉え方(見解)を調べてみました。
人間力」については様々な見解があるようですが私は以下の内容が適切だと考えます。


【以下、鳥取大学HPより抜粋引用】

当学では「人間力」を、「知力」、「実践力」、「気力」、「体力」及び「コミュニケーション力」の
五つの構成要素から成り立つ、総合的かつ人格的能力として定義する。

一.「知力」の定義
知力とは、自然界に起こるさまざまな現象や社会生活を客観的に観察・分析し、
地球上のすべての生物の命(いのち)と暮らしを豊かにするための課題を見出し、
解決することができる能力である。
この知力の開発・発展のためには、広い分野での基礎的学力を身につけると共に、
未解決の問題や課題を発見する能力を培い、それらを有機的に連携させ論理的に
思考する力と豊かな発想力を涵養することが必要である。
観察力→課題設定力→作業仮説作成力→実証力→分析力・統合力という過程を積み重ねて
これに習熟することによって専門的知識が高められ創造性や
独創性を生み出す能力が修養され、地球生命体の一員としての役割を自覚し、
責任感を持つことが出来る。

二.「実践力」の定義
実践力とは、命題を行動によって結果に結びつける能力である。
実践の過程は、
命題理解→企画・計画→実現手段の準備・調達→行動→結果のとりまとめと報告である。
命題理解には知識と経験力が、企画と計画には創造性と論理的思考力が、
実現手段の準備・調達にはコミュニケーション力、起業家精神及び社交性が、
行動には熱意、リーダーシップ及び問題解決能力が結果のとりまとめと
報告には分析力とプレゼンテーション力が必要である。
実践の過程を経験することにより課題発見能力が磨かれ、達成感を得ることができる。

三.「気力」の定義
気力とは,人間が考えを行動に移すときに不可欠な能力であり,成し遂げようとすることの
規模が大きくなるに伴って一層強くなることが要求される能力である。
また、生きるか死ぬかの境も気力により大きく左右される。
充実した「気力」は,日頃の身体と精神の厳しい鍛錬を通じて得られ発揮されるものである。
継続こそ力なり」の継続を支えるのは「体力」と「気力」である。

四.「体力」の定義
体力とは,人間が行動を起こす時に必要な「持続力」は疲労、苦痛、恐怖、不満への
生理的・精神的ストレス耐性、我慢強さなどに求められ、
環境の変動に対応する「適応力」として、スピードや敏捷性、平衡性や順応性等が必要であり、
行動の中でそれらを自律し調整する「自己コントロール力」から成り立つもの。
人間の心と体は一体であり、体力は行動するときに必要な意欲、
モティベーションと努力を支える“チカラ"となるものである。
そしてその体力の保持には身体的な健康作りへの配慮が不可欠である。

五.「コミュニケーション力」の定義
コミュニケーション力とは、相手から発信・伝達された情報を過不足なく受け止め、
その意味を理解し、それに対する自らの応答を正確かつ効果的に表現し、
こんどは、相手に向けて情報として発信・伝達する能力である。
この能力を養うには、相手が伝える情報の意味を相手の立場を思いやりながら
的確に理解するという、知力と人間的共感力の総合的涵養が必要である。
また、自分の応答を印象深く効果的に表現し伝達するために、
言語使用を中心とするプレゼンテーション力の訓練も必要である。
人間同志の相互理解が成立するためにはこのコミュニケーション力が不可欠である。
【以上、抜粋引用終り】
 

なお、にんげん力についてはカテゴリーの「にんげん力」を御覧下さい。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1549-1b39b933
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック