#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「思い遣り」を知ろう

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

思い遣る心 思い遣り」は、心の礎

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

人が健全な社会生活する上で必要とされる『心の基礎体力』である「思い遣り」について、
各個人が人として学び知ると共に、上司や育成担当者が教育指導、監督する上で、
統一した解説(説明)が出来るようにするためにも役立ちます。
思い遣りは、個人差がありますので、ここでは極一般的なものを載せました。


[質問]-アンケート式

1. №1~50の項目で、大切だと思う項目、自分に必要だと思う項目に別けて下さい。
2. 思い遣りとはどんなことを言うのかを知識として持っていますか?回答例→(〇割程度)
3. 思い遣りは、個性的な魅力(モテる力)を生み出す源だと自覚していましたか?
4. 思い遣りの心と表現法は個々人によって様々であると認識していますか?
5. 思い遣りと優しさの違いはどう言ったことでしょうか?
6. 思い遣りの始まりはどんな意識からスタートしますか?
7. 思い遣りの中で貴方が最も重視することはどんなことですか?
8. 思い遣りを伝えるために必要とされる意識や手段にはどんなものがありますか?
9. 思い遣りを表すためにどんな意識が必要でしょうか?
10.思い遣りとはどんなことを言いますか?

【仕分けと解説】
※下記のイ~カに貴方に必要な№1~50の項目番号と具体的な内容を記入して下さい。

イ) ひとりの人間としての思い遣り
ロ) 社会人としての思い遣り
ハ) 家族みんなへの思い遣り
ニ) 親として子供への思い遣り
ホ) 愛する人への思い遣り
ヘ) 大切な友人に対しての思い遣り
ト) 年長者への思い遣り
チ) 異性への思い遣り
リ) 上司への思い遣り
ヌ) 部下に対しての思い遣り
ル) 仲間に対しての思い遣
ヲ) クライアントへの思い遣り
ワ) お客様に対しての思い遣り
カ) 患者さんに対しての思い遣り

思い遣りの意識と表現
※思い遣りに必要な意識や具体的な行動
(対人関係で相手の心を知り、理解するためにも使えます。) 

1. 人と人との触れ合いに必要な心と言動
2. 心を豊かにし、自分を成長させる・・・自分を見つめる
3. 人間関係を活かし、潤いのあるものにする
4. 利他心・自己犠牲(奉仕)の精神無くして出来ない
5. 人の気持ち(心)を理解出来る

6. 同じ意識を認め合える・・・共感・同感
7. 感動(≒感情)を共有する
8. 大切な人をかばい、守り、許す(≒寛大・寛容さ)
9. 大きな心と優しい心で接し、相手に気付かせないようにそっと見守る
10. 相手の痛みと労力を自分に置き換える(悩みや苦しみを共有し分かち合う)

11. 将来のために相手にとって今為すべきことを考える
12. 相手の立場で、何が必要かをあらゆる方面から考え判断し、黙って行動する
13. 嬉しい事は出来るだけ早く伝えて一緒になって喜ぶ・・・共感
14. 思い遣りは、時にお節介になることもある。違いは共感出来るか出来ないかにある。
15. 相手の小事を疎かにしない

16. 心配や気苦労をかけない
17. 不安を与えないよう様々な気遣いをする
18. 相手の心の位置を察した言動をする・・・心配り
19. 自分の考えや心を無理に押し付けない
20. 親しみと明るさのある挨拶や態度で接する

21. お互いの気持ちを通わせ、交換可能な状態にする
22. 相手の気持ちに同調、もしくは共感していることが元になる(お互い様)
23. 本当に相手の為になる事を伝える (厳しくても相手の為になると思ったら伝える)
24. 厳しく接したり、突き放したり、戒めるのも思い遣り
25. こちらの事情を気遣わせず、気軽に相談に乗り共に考える

26. 私利私欲(利己心)を自制して接する
27. 謙虚さを弁え、自己顕示をしない
28. 心から相手を労う言動をする
29. 自分の事情で相手に接しない(自我は不要)
30. 伝え方、受け止め方が人の顔と同じように千差万別(多種多様)であると認識する

31. 「他人の気持ちを想像して理解することが常に可能」だという考え方を持つこと
32. 真の「思い遣り」は他人の気持ちを完全に理解する事は不可能だと知り自覚する
33. 相手に対する見方を変える事
  どんな人間でも必ずよい処が有る。相手のよい処を見つける努力をする事
  そして、その良い処を言葉にして伝える、その後注意なり指示をする癖をつける事
34. 相手の能力を見定め相手に合った話し方する
  (能力以上のことは求めないで、少しでも予測上に出来たらきちんと認める)
35. 相手に対する会話の組み立て方を「認め」「褒め」「諭す」の順で組み立てる
  (話す前に「飴と鞭」を使う比率を考える)

36. 話す内容をいつも聞く側の気持ちで考える
37. 自分が言われたらどう思うかを考えてみる
38. 何故話すのか、話す目的を伝える。目的の必要性を理解させる
39. 相手を信用している旨を、はっきりと伝える
40. 自分の事、こちらの感情は極力話さない

41. 今までの考え方や見方を全く変え発想の転換をしてみる
42. 情や環境に左右されないよう常に冷静沈着、平常心に努める
43. 好き嫌いで相手に話さない(憶測や先入観を持たない)
44. 相手の人格を認める(相手と自分の立場を知る)
45. お互いの心や立場を第三者の目で見る

46. 相手に対し思い遣りや感謝の心を示し合う言葉遣いをする(ありがとう、お陰様で)
47. お互いの立場に合った言葉遣いをする(敬語・謙譲語)
48. 相手の話す一言ひと言を何故の意識で考え、何故話すのだろうかと心を察する
49. 相手の話す内容や行動を自分に置き換えて考える
50. お互いの主義主張や会話の内容について何故の意識で考える


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1557-a8b22c9c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック