#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 役割認識と「にんげん力」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

夫々の役割認識三現主義と「にんげん力」を以って

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

三現主義を実践するには、それ対象となる三つの“現場”“現物”“現実”の夫々を、
自らに与えられた役割認識と「原義(原点)」を踏まえた上で
原理」※①「原則」※②であらゆる方面から思考し、対処することが必要とされます。
その為には、“現場”“現物”“現実”の夫々を分析できる能力である
優れた「にんげん力」※③と夫々の職位に合った役割認識を備え持たなければなりません。
同時に、ひとり一人が当たり前の尺度、モラル、コンプライアンスに対する正しい基準を
備え持っていなければなりません。

※①「原理」様々な不の要素を引き起こすメカニズムや、製造・販売条件、
 製造・販売環境などの多角的に機能を知り認識すること。
※②「原則」顧客の立場に立ち、顧客目線・顧客意識で見たり考えたりすること。
※③「にんげん力
  ③-1.人元力 
   「豊かな経験と知識」「磨かれた※五感」と「豊かな感性」が元(根本)となる
   ※五感(五官)=味覚・臭覚・触覚・聴覚・視覚
  ③-2.人原力 (原点=物事を考える時の出発点。)
   思い遣る心≒ホスピタリティ(おもてなし)の心を持ち、表現伝達の為のマナーが基となる
  ③-3.人源力 
   店舗・企業の成長や繁栄の源は≪人≫であると言う考え方
   お客様も従業員も同じく≪人≫であると言う考え方
  ③-4.人眼力 人を見る(診る・覧る・観る・看る・視る)目・※眼力
   ※眼力=物事の善悪・真偽・成否などを判断し見抜く力
  ③-5.人現力 
   自らの人格、意思、意識、ビジョンが明確に表現、伝達出来る力
  ③-6.人言力
   心を表現出来る言語力と適切な言葉使い(遣い)が出来る力
   ひと言の重さを認識し、相手やその場に合わせた適切な言葉使い(遣い)が出来る力


役割認識(認知)と職務の取組み-抜粋

【使い方】各項目に対しを以下のA~Cの順で実施します。
A.評価(自己・上司)する
B.必要な項目の優先順位を付ける(自己・上司)⇒P.D.C.Aで考える
C.タイムテーブル(時間の割振り)及びタイムスケジュールを自ら作成する⇒行動に移す
※項目別の目標チャレンジシートを作成し活用することをお勧めします。


[サンプル項目-抜粋]

A.指導監督職(現場リーダー・監督職など)

 1.指導・育成職位の行うべき仕事を熟知する・・・自分の役割を知り全うする
 2.直属部下であるリーダー、社員の育成に必要な知識、スキルを身につける
 3.上長(主任など)のサポート・アシスト業務
 4.部下の育成(各人の課題を認知・必要スキルの掌握と教育)
 5,部下の能力を認知(定期評価の実施、評価内容により教育)
 6.現場におけるリーダーシップの発揮
 7.手本意識と自己能力を自覚し、足りないところを身につける
 8.現場の先導者として全体の目配りを怠らない
 9.日々一人ひとりの勤務状態、心身の健康状態を掌握し臨機応変な対応をする
 10.その場しのぎの言動に留意する・・・計画性を持つ

B.指導職(キャプテン・チームリーダーなど)

 1.指導職位の行うべき仕事を熟知する
 2.直属部下である社員の育成に必要な知識、スキルを身につける・・・手本になる
 3.上長のサポート・アシスト業務
 4.部下の育成(各人の課題を認知・必要スキルの掌握と教育)
 5.現場におけるリーダーシップの発揮
 6.現場の先導者として全体の目配りを怠らない
 7.指導者として接客接遇スキルの向上を図る⇔言葉遣い、態度
 8.部下の育成(各人の課題を認知・必要スキルの掌握と教育)
 9.日々一人ひとりの勤務状態、心身の健康状態を掌握し臨機応変なサポートやアドバイスをする
 10.部下に対するコーチングスキルを身につける

C.管理監督職 (主任・管理監督職)
 1.管理監督職としての職務内容の掌握
 2.リーダーシップ力を発揮させ全員を同じ方向付けする
 3.直属部下の育成(各人の課題・必要スキルの掌握)
 4.直属部下のスキル向上の為の施策
 5.上長のサポート・アシスト業務
 6.部下の能力を認知(定時評価の実施)
 7.自己能力の向上・啓発(必要な学習を継続する・個性を活かす・置かれている立場を活かす)
 8.模範となる基準を身に着ける
 9.自信を持つ(会話内容や話法)
 10.立場転換意識の向上

D.総括責任者・店長 (総括職・店長職・店長補佐職)

 1. 社風に沿った言動の実行
 2. 経験や知識を活かした直属部下(主任以下)の育成
 3. 部下の職務診断とフォロー(職位による職務の認識)
 4. 個別面談と職能面談の実施(社員以上)
 5. 部下のコーチング能力診断育成
 6. 職域全体の清潔感の維持確認、管理
 7. 店長補佐としての役割⇔会社・店長のビジョンに合わせた自分の役割を認知する
 8. 全員の相談役としての実務(兄貴的な上司)⇔個性を活かす
 9. 業界情報、各種対策の伝達及び内容記録
10. 管理職職責の三本柱を具体的に再認識する
 ① 現場(店舗)を預かる
 ② 人を預かり育てる
 ③ 目標達成と業績の向上


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1569-46651c75
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック