接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  五常の徳-「信」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

』 人をじるに素直にあれ

五常の徳 信


お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

五常-「
この「」は、言明を遵守し、約束を守ることを言い表しています。
友人、知人、親や兄弟と言った全ての人間関係における自分自身の在り方です。

日常生活で当たり前に感じている関係こそ、どこかで見つめ直す必要があると説いています。
言い換えるなら、友情に厚く、言明を違えないこと、
真実を「」を以って告げること、約束を必ず守ること、誠実(至誠)であること。
このようなことは、今の世の中にもっとも欠けていることではないか思われます。
それは、五常の中で最も大切だと受け止め、感じられることです。
それを「無くして、五倫有らず」と言われています。
孟子の四端説における「仁義礼智」の四に対し、
前漢の董仲舒は五行説に基づき「」を加えました。
は同情心、は正義感、は社会的節度、的分別を言い、
これに「」を加えて「五常」となりました。

【まとめ】

この五常の徳について、二宮尊徳氏は自らの哲学として、己の権利の行使と義務の履行は、
自らの信義に従い、至誠を以って(誠実に)行われるべきだ、と解します。
二宮尊徳氏は、
「人と人との関係の中には、物を売ったり買ったり、金を貸したり借りたり、
 という関係は決して少なくない。どのような経済的な行為も、
 仁義礼智信の道徳倫理的な基準に従ってなされるべきだ」
と説いています。

また、他者に貸して喜び、他人に借りて喜ぶという「自他両全」に理想が実現するはずだ、
と言い表しています。
尊徳氏は、五常のような道徳的倫理観で以って、金銭の貸し借りをしよう、と教えたのです。
それ教えは、「五常講」と呼ばれています。
詰り、物やお金を借りた者は、借りた時の感謝の気持ちを忘れずに、
きちんと返せば、五常の徳を実行したことになるということを教えているのです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1598-8fd7df04
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック