#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 大震災の教訓【心遣いと思いやり】

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

私達は、「大震災の教訓」を風化させてはならない!



お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心遣い思い遣り

昨年の震災後民放のテレビコマーシャルに、
【心は見えないけれど、心づかい(心遣い)は見える、
思い(想い)は見えないけれどおもいやり(思い遣り)は見える。】
と言った内容が流れていました。

この文言の[こころづかい(心遣い)]と[おもいやり(思い遣り)]を
辞書検索すると

心遣い】は、
・あれこれと気を配ること。心配り。配慮。
・物事がうまくいくように気をつかうこと。

思い遣り】は、
・他人の身の上や心情に心を配ること。
・また、その気持ち。同情。
・想像。推察。
・思慮。分別。とあります。

瀬戸内寂聴は、思いやりについて
相手が今何を求めているか、 何に苦しんでいるかを想像すること、
その「思いやり」こそがなのです、と説いています。

この心遣い思い遣りの二つの言葉は共に自らの心の中に生まれ、
相対する人へ、自らの「心」や「思い」を届けることです。
大震災の昨年の被災地での人々言動や活動、世界各国民からのメッセージ
及びコメント、活動にもこの二つの具体例が数多く見られます。

震災時に多く見聞きすることが出来たこの様な「心遣い」と「思い遣り」の
具体例を知り、確りと覚えておくことは、物心が付き、分別を弁え始めた子供から
大人に至る迄の人達が社会で生活する上でも必要であり、大切なことだと考えます。
それは今後の復興の活動をする大人、これからの少子高齢化社会を少ない人数で
担って行かなければならない子供達の心(E.Q)の育成にも必要不可欠なことであると思います。

また、日本人皆が今昨年の大震災を「風化」させ無いことは勿論のこと、
この「心遣い」と「思い遣り」を修得することを一過性にするのではなく今後も継続して
行かなければならないことだと思います。

被災地に見られた人々の心や活動の姿、感謝、自己犠牲の精神、責任感、使命感、
役割認識とその遂行、と言った数多くの人達の「思い遣り」の行動、
不眠不休の活動している人達への被災者の方々の「心遣い」を、
私たちの【】と【】にシッカリと焼き付けておかなければなりません。

日本人ひとり一人が「思い遣り」「心遣い」の重要さ、大切さの気付かされた大震災の教訓は、
これからの日本の復興の為にも
継続こそ力なり≫の心と
喉元過ぎても、熱さ忘るべからず≫を意識しつつ、日々生かすことです。
※マナーは思い遣りを表す≪形≫であることを確りと自覚認識することです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1614-9a679cee
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック