接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「情け」と「恩」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2017新タイトル

人の♥心♥は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
ここに載せてある人の心や人間関係について内容は,御自分に合ったことや役立つ文言を選びお読み下さい。

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s



情け」と「」の関係

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用




【かけた情けは水に流し、受けたは石に刻む。】

【言うものは水に流し、言われたものは石に刻む。】

を受けた人は、
そのを心にとめておかなければならない。
しかし、を与えた人は、それを覚えているべきではない。】


このような名言は、
人は、自分のしたことが忘れられないのは、受けたをないがしろにしがちである、
と言うことを戒めている言葉です。

してあげるのでも、させて頂くのでもなく、おかえしをさせて頂いているのだ
と受け止めることが大切だと思います。


サービス業やおもてなしに関わる者にとして私は敢えて、他者を主、己を従と捉え
『受けた恩は心に刻め、かけた情けは水に流せ』
と順序を入れ替えて意識するようにしてします。

同時に「生かされている」「お陰様」「有難い」と意識し、出来る限り、
日々「してあげる」の語を使わないように、心掛けながら会話することにしています。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1618-e8b58fc1
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック