接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  【感謝の恩返し】

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

感謝」と「感謝恩返し」は一対

感謝


『ありがとうございます』と感謝する気持ち(心)を伝えることは、
人と接し触合う仕事では、ごく当たり前で誰でも出来なければなりません。
お客様へ心からの感謝の気持ちを伝えるには、ありがとうございますの感謝だけでなく、
【感謝の恩返し】をしなければなりません。
その為にあなたの出来ることは、先ず総てのお客様に徹底した目配りや気配りをすることです。

私は、サービス業の仕事をする時だけは、この【感謝の恩返し】をいつも考え、
何らかの形で表し、伝えるように心掛けてきました。
実は、後になって気付いたことですがこの【感謝の恩返し】は、
仕事ばかりか私生活でも重んじなければならない大切なことでした。

最近では、なでしこジャパンが世界一になれた時のコメントで、
「今日迄、支えてくださり、応援して頂いた多くの人達に感謝の心で恩返しが出来ました。」

また、東日本大震災に被災された方々から、
「私達が、一日も早い復興に向けて一生懸命頑張ることが支援して頂いた方への恩返しです。」
このような言葉を見聞きする度に、【感謝の恩返し】の大切さを、改めて認識させられます。

私達は、祖先や第二次世界大戦で命を失った方々の御霊に守られて生かされています。
このような先祖や御霊に支えられ生かされていることへの感謝(有難さ)、
恩返しを決して忘れてはならないと思います。

「ありがとう」は「有難い」の語彙、
「感謝したい気持ち、身に沁みて嬉しい」から由来しています。

感謝の言葉や態度の表現や伝達に、お金はかかりません。
お金は使えば減りますが、感謝の言葉態度はどれだけ使っても減ること、消えることはありません。
心が豊かでも、幸せな人ほど、感謝の表現を怠ることが無く、また忘れていません。
感謝の表現をすればどんな状況にでも光が射して来ます。
感謝のあるところには温かな心、優しい思いやりの心が存在します。
温かな心は、周りの良い人やものを引き寄せる磁石のようなものです。
感謝の言葉は、優しさや思いやりなどと言った、人の善や徳を導き育てます。
感謝の言葉は相手ばかりか、自らを気持ち良くさせモチベーションを上げる効果もあります。
感謝をして、憎まれることはありません。
ましてや、怒りや憎しみも買うこともありません。
同時に、感謝は人と人の間にある溝を埋める働きをしてくれます。

仕事や物事が上手く行かない時、思い通りにならない時、悪いことが続いた時、
そのような時は感謝を忘れていたせいかもしれません。
そんな時は積極的に感謝を表すことで解決できることが多いはずです。
「ありがとう」といえば言うほど自分を含めた周りの状況が良くなるのは事実です。
それどころか感謝の言葉が多い人ほど、「徳」が高まります。

人は得てして、感謝を伝えたから、感謝されたままで良いと思ってしまい、
大切な【感謝の恩返し】を忘れてしまったり、怠ってしまったりする場合が多々あると思います。
ある人に感謝をしたら、その人への恩返しに心掛ける必要があるのでないかとも思います。
喩え、本人に恩返しが出来なくても、日々触合う人々に何らかの形ですれば良いとも考えます。

この「感謝」と「恩返し」の心と形のキャッチボールが人と人との絆を作り、
人間関係を円滑にし、生かされ生きている幸せを感じることにも繋がると思います。

また、なんとなく軽く使ってしまっている言葉、
『ありがとうございます』の感謝の一言の重さ、
感謝の大切さを、もう一度振返り、再認識する必要があるのではないかと考えます。

私達は「感謝」と「感謝の恩返し」を一対と意識し、態度に表し行動することで、
より豊かな心を持て、幸せに成れるのではないでしょうか。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1619-7ff7de19
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック