#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 今年一年の仕事を振返る

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

結果と成果を振返る(管理職)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

※は定義
1.仕事(取組意識、コスト意識)
※社の理念の元、の一人として取組み、コスト意識を持ち仕事に生かすことが出来たか

S=十分に備え、多大な貢献を残した
A=業績に貢献した
B=取組姿勢にやや欠けるが、業績には貢献した
C=取組姿勢にやや欠けかつ業績への貢献度もやや低かった
D=取組姿勢に欠け、業績への寄与は僅かであった
E=取組姿勢に欠け、認められるものは全くなかった

2.仕事(ソリューションの取組み)
※三現主義の意識の元でのソリューションへ取組みとその実施

S=問題提議に前向きに取組み、様々な諸問題を解決し、多大な貢献をした
A=問題提議に取組み、様々な諸問題を解決し貢献をした
B=問題提議に取組み、様々な諸問題を解決しまずまずの貢献をした
C=問題提議に取組み、様々な諸問題を解決が十分でなかった
D=問題提議や、様々な諸問題を解決することが殆んどなかった
E=共に全く無かった

3.仕事(職務遂行と業務推進)
※適切な職務遂行と業務の推進度合

S=多大な貢献をし、他の模範となった
A=職責相当な寄与をし、申し分なかった
B=効率化に寄与した
C=十分でなかった
D=殆んど寄与しなかった
E=寄与することが全く無かった

4.仕事(リスクアセスメントとそのチェック機能)
※リスクアセスメントの実施、それに基づいた各チェック機能の活用と取組み

S=リスクアセスメントを十分に行い、その後のチェック機能を最大限に生かすことで、然るべき成果を残せた
A=リスクアセスメントを十分に行い、その後のチェック機能を生かし、成果を残せた
B=リスクアセスメントを行い、その後のチェック機能を生かし、まずまずの成果を残せた
C=リスクアセスメントを行い、その後のチェック機能を生し、多少なり成果を残せた
D=リスクアセスメントを行ったが、その後のチェック機能を上手く生かすことが出来ずに終わった
E=リスクアセスメントを行ったが、成果が全く得られなかった

5.仕事(担当業務遂行、課題と目標)
※担当業務を行った結果としての課題と目標の達成度

S=対象期間内の課題を充分に果たし、目標を遥かに上回る実績を残した
A=対象期間内の課題を果たし、目標を上回る実績を残した
B=対象期間内の課題を果たせたが、目標がまずまずの実績だった
C=対象期間内の課題を果たしたが、目標をやや下回った
D=対象期間内の課題はまずまずであったが、目標は下回った
E=対象期間内の課題と目標の達成は共に僅かであった(何も残せなかった)



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1624-5ad7794d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック