#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 『克己復礼』と『礼節』

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

克己復礼』と『礼節』とは

克己


お薦め度【★★★★】全業種、業態用

克己復礼とは
「己」に「克」ち、「」に「復(カエ)」ることです。
自分の良心、理性に従い様々な欲や私心、煩悩を省き、それに依り精神全体の調和へと復ること。
人間がその人格を高めるための手段。

孔子の説く「」は
一般に言われる社会の規範や規則のような表面的なものではなく、真の意味でのである。

礼の本来の意味は
「心から自ずと生ずる自発的規範」であるということが重要なのであり、
これは私欲に覆われぬ心、即ち良心と一である。
また、己に克つとは欲や私心に克って本来の自分に復ることをいう。

単に世間の規範に従うというだけならば、
外にあるものに従うだけのことであるから、己というものは少しも必要はない。
だが、真の意味での礼に適うということは、確固たる自分というものを持っていなければ
決して為すことはできないのである。
【引用孔子「論語」顔淵篇より】

礼節とは、
己を謙遜し、相手を尊び敬い、自らの行いを丁寧にすることを「」と言います。
この「礼」を其の場、其の時に即して、状況に応じて(Т.P.Оに)自らの行動が出来るように、
弁える事が「」と言います。
大人と子供の違いは、「礼節」が何たるかを知り、身に着けているか、否かです。
この「礼節」を弁えてこそ、初めて一人前の社会人と言えます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1625-b3e57143
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック