接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  『信頼』と『絆』

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

信頼』と『』の原点

絆・道徳


お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用


「仁」は、愛(思いやり)。

「義」は、正しい人の道と判断力。

「礼」は、礼儀・礼節と言った秩序。

「智」は、知識と経験を通じて変容させた智恵。

「信」は、信頼、信仰といった敬虔さ。

「道」は、人として歩むべき道程。生き様。

「徳」は、人格力と魂の総合力


信頼

1.結果が得られなくてもその責任を自分に求めることが出来る状態
2. 小さな信用の積み重ねが大きな信用となり、信頼が生まれる
3. 築くのは大変な時間と労力を要するが、一瞬にして失う
4. 相手が喜んでくれ、優しく温かな気持ちを持って貰うこと
5. 陰日なたの無い努力精進と相手への思い遣りの心と言動から生まれる

6. いつでも感謝の心の伝達が出来ること
7. 思いやりの心で人と触合い、思いやりの伝達出来ること
8. 誠実(正直・素直)・謙虚であること
9. 大切な人の大切人を大切に出来ること
10. 立場転換意識で触合い、その相手を守れること

11. 奉仕の精神で何事も行えること(何事に対しても見返りを求めない.計算しない言動が出来る)
12. 自らの意識、行動と態度を指させること
13. 自らの感情や煩悩を自制出来ること
14. 自らを省み、自己啓発(切磋琢磨)が出来ること
15. 確固たる信念と豊かな知識を持ち、それを現実として生かし、行動に表わせること

16. 周りの人々に安心感を平等に与えられること
17. 一方的で無条件に信用出来ること
18. 相手の全てを受け入れていること
19. 相手やその人の行いを許していること
20. 依存するところに根ざしていること

このようなこと以外にも多々ありますが、大切なことは、日々の思い遣り、
お客様や相手へのおもてなしの心は、
信頼」創りに必要不可欠であるといつも意識することです。
※信じて頼るという意味で似たような意味と誤解されがちな言葉として「依存」があります。
信頼」は「信じること」に重きを置き、「依存」は「頼ること」に重きを置いています。
依存は自発性のことを指しますが、
信頼は意識して作ることでなく、自然に心に生れることです。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1629-53ff0d82
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック