#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「一隅を照らす運動」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

一隅を照らす

一隅を照らす


お薦め度【★★★★】全業種、業態用


古より日本にある仏教の教えは、サービス業に関わる私達に多くの学びを与えてくれます。
温故知新の心で、その教えを見直してみましょう。


一隅を照らす運動「実践3つの柱」

以下【天台宗一隅を照らす運動】より転載

一、(いのち)—あらゆるを大切にしよう

私たちは人間に生まれたことにまず感謝し、
先祖や両親から受け継がれてきた生の中で生かされていることを自覚しましょう。
そして未来に生きる子どもたちのために、
私たちは先祖によって培われた正しい人のあり方を伝えて行きましょう。
また、大自然のあらゆる恩恵に感謝するとともに、
それらの生の大切さを知り、新しいの誕生を心から祝福しましょう。

二、奉仕(ほうし)—皆の為に行動しよう
普段から何事にも「ありがとうございます」
という素直な感謝の気持ちと、「おかげさま」「お互いさま」という
助け合いの心が大切ではないでしょうか。
奉仕は仏教でいう布施の精神を実践することで、見返りを求めない無償の活動です。
地域はもとより世界中が平和に暮らすには、常に弱者の立場に立って物事を考え、
行動することが大切です。
慈しみと思いやりの心を家庭内に育み、出来ることから家族皆で心を合わせて
協力して奉仕活動を行いましょう。

三、共生(きょうせい)—自然の恵みに感謝しよう
もったいない一人ひとりが地球を大切にする気持ちを表わす。
美味しい空気、清らかな水、大地から与えられる
食物や天然資源、これらの恵みは私たちが生きる源です。
しかし、これらは決して無尽蔵ではありませんから、
家庭では節水や節電など省エネルギーを心がけましょう。
また、増え続けるゴミの問題は深刻な地球環境の悪化を招いています。

まず私たちが物を大切にし、家庭内からのゴミを少なくすることが大切です。
そして使える物はできるだけリサイクルしましょう。
私たちの身近な取り組みが地球に優しい生活の第一歩です。
共に生き、共に生かされるという精神で、
かけがえのない地球を次代へ継承していきましょう。

この「実践3つの柱」を心に留め、実践することにより、
大自然の恩恵に対しても、人や物に対しても、
何事にも「ありがとう」という感謝の気持ちが培われます。
そして周囲に対して感謝と尊敬の心を以って
自然に接することができるようになるでしょう。
この3つの柱に添った活動は、忘己利他(もうこりた・己を忘れて他を利する)、
少欲知足(しょうよくちそく)の精神に適った行いです。

自分や家族の一隅を照らす行いは、みんなの身近なところ(一隅)にあり、
身近なことから始める(照らす)ことが活動の第一歩です。
小さな行いの積み重ねが、周りによい影響を及ぼし、
結局は最終的に回り回って自分たちに還ってくるのです。
詰り、自分の為であり、引いては将来に向けて
我々の子孫の為の利他であると言えるでしょう。 

一人ひとりが一隅を照らすことは、自他の幸せを願い、お互いに照らしあう運動でもあるのです


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1636-1d2a5955
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック