接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  職務遂行心得(2)接客係

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

接客係の役割と心得

新しい年を迎えるにあたって、私達の心得を再認識して感謝の心でお客様に接しましょう。

1.お店の=商品の三つの味(料理、接客、雰囲気)を、お客様に堪能して頂くことが接客係の役割です。
2. 真心を込めて調理された方々に代って接客し、お料理を心の篭った言葉と仕草でお客様に
  味わって頂く大切な役目があります。
3. お客様のお顔やお名前を覚えるのも接客のひとつです。
4. お見え頂いたお客様と最初に応対するのも接客係ですから第一印象に気をつけましょう。
5. 常に出入り口を意識する目配り、気配りと動作が必要です
6. 予約時間近くなったら、外に出てご予約頂いたお客様をお待ちする一歩踏み出した
  動作も「おもてなし」です。(場合によっては)
7. お客様が視野に入り確認したら、進んでお迎えする言動はCSの第一歩です。
8. 店内では、常にお客様最優先に行動するようにします。
9. お客様とすれ違った時は、出来る限り立ち止まって会釈する
10. 通路はお客様がいらっしゃらなくても、必ず端の方を通るように心掛けるようにします。
11. 自分の仕事の範囲を知っておき、与えられた仕事を全うしましょう。
12.商品の持ち帰り、通路を歩く場合は、お客様のいるテーブルによく目を配っておくようにします。
   それによって、気付きや次のサービスが生まれるのです。
13. 明るいテキパキとした仕草、態度は爽やかさと親しみをお客様に持って頂けます。
14. お客様一人ひとり人が貴方の行動を見ていると思って行動しましょう。
15.会計伝票を置く場合には「ありがとうございます」の言葉と感謝の心を込めた丁寧なお辞儀を
   添えてお客様にしましょう。複数のお客様の場合も皆さんに伝えましょう。
16. シルバー類は、正しい向きで正しい置き方を音を立てずに静かな仕草でしましょう。
17. 出来上がった商品は、出来るだけ早くお客様の手元へお届けしましょう。
18. ホール内の小さなごみでも、気が付いたらすぐ拾うように心掛けましょう。
19. 入口はお店の顔です。営業中も常に清潔に心掛けるようにしましょう。
20. ガラスの汚れは出来るだけ早く取っておくことです。
21. 常にお客様のご案内が出来るよう、空きテーブル、空席の場所を覚えておくことです。
22.お客様が席に着かれてから、接客サービス動作を行うようにします。
   この僅かな事で印象が変わります。
   特に冬期はコートなどのたたみ方、置き方に注意が必要です。
23. 自分の受けた注文には最後まで責任を持つことを怠らないようにします。
24. ご注文は復唱して答える 「はい、○○でございますね。かしこまりました」
25. 伝票記入は正しい決められた文字で、読み易く書きましょう。
26. 注文を通す場合などに、耳障りな略語は使わないようにします。
27. ラスター、布巾類は常に清潔にしておきます。
28. 匂いにも気をつける匂いのきつい香水、整髪料などは使わない
29. 灰皿、カスターセット、椅子などは決められた正しい場所に中身を確かめて置きます。
30. 皿やグラスなどを置く場合は音のしないよう気をつけます。
31. グラスや商品は決められた持ち方をすることはマナーです。
32. 店内を歩く場合は、静かに歩くように心掛けましょう。
33. 常に他の従業員の動きに注意しながら職務を行いましょう。
34. 場合によっては他の従業員のアシストやサポートも行いましょう。
35. お客様への挨拶は勿論、従業員同士の挨拶も一日一度はキチンとするようにしましょう。


いつでも【お客様の立場】
     自分達を見ることは大切なお客様への「思い遣り」です。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/166-8be252bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。