#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 感謝を紐解く

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

感謝の心を省みる

感謝

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

感謝力の自己診断(抜粋)
※以下の感謝力の項目で診断する

【採点】よく出来ている=4.出来ている=3.時々出来る=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.

1. 以下の感謝の語彙を認識出来る
 (ア) 有難い、お陰様の思いやりの気持ち
 (イ) 身に沁みて嬉しい
 (ウ) 感謝にたえない
 (エ) かたじけない(≒すまない)
 (オ) 自分にとって好都合な状態である
 (カ) 嬉しい尊い珍しい
 (キ) 自然に伏し拝みたくなるような様である
 (ク) ありそうにない(殆ど例がない・滅多にない)
 (ケ) 滅多にないほど優れている

2. 感謝と謙虚さは一対であると意識出来る
3. 感謝を表す「形」は儀だと意識出来る
4. その本質は【心】に存在すると認識出来る
5. 相手を思い遣る「」は、感謝を感じる人間の本質から感謝の気持ちを生むと認識できる

6. 感謝は「有難い」「ありがとう」「身に染みて嬉しい」「お陰様で」の気持ちであると認識できる
7. 『御』という言葉は、感謝の儀を示すと認識出来ている
8. 「ありがとう」は、「有難い」の語彙「感謝の気持ち、身にしみて嬉しい」と認識できる
9. 「すみません」と言う言葉は、利己的な感謝を表すと認識できる
10. 感謝を言葉や態度、物などを以って積極的に表わし伝えている

11. 感謝を勤労やボランティアと言う形で現している
12. 感謝は、形のない態度や行動でも表現出来ると認識できる
13. 感謝の言葉が多いほど、人の徳や信頼が高まると認識できる
14. 感謝の表現をすれば如何なる状況にでも光が射して来ると認識できる
15. 感謝のある処には温かな心が存在し、温かな心が周りの良いものを引き寄せると認識できる

16. 感謝の言葉は、優しさや思い遣りなど人の善を導くと認識できる
17. 感謝の言葉は相手ばかりか、自らの気持ちを良くさせる効果があると認識できる
18. 感謝して、怒りや憎まれる事はないと認識できる。
19. 上手く行かない、思い通りにならない、悪いことが続いた時は、感謝を忘れていると認識できる
20. 感謝は人と人の間にある溝を埋める働きをしてくれると認識できる

21. T.P.O.に合わせて感謝の行動伝達ができる
 (ア) おもてなし時の心の表現
 (イ) ひと言、一、同時と分離礼の選択と黙礼
 (ウ) 口調と言葉の選択
 (エ) 表情(笑顔)の種類
 (オ) 姿勢、態度での表現伝達
 (カ) 目配り、気配り、気遣い、心配り、身配り、手配り
 (キ) 黒子の心の保有と言動
 (ク) 挨拶と会話上の言葉遣い
 (ケ) 余韻創り

22. 感謝の言葉「有難い」「ありがとう」「お陰様で」は、次の①~④の使い方があると認識できる
 (ア) 【①~④の意味、夫々によって口調や態度・仕草の表現伝達方法が変わると認識できる
 (イ) お辞儀(礼)の角度やリズムも①~④の意味によって当然違って来ると認識できる
 ①【感謝】=一般的な感謝を意味する。
  有難い、嬉しいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。
 ②【拝謝】=拝 (拝受) し有難いと感じる心を意味する。
  礼を言うことを遜って(遜って)いう語。心から感謝すること。謹んで礼を言うこと。
 ③【深謝】-1=有難いことを深く感ずることを意味する。心から感謝すること。
  【深謝】-2=深いお詫びを意味する。心から詫びること。
 ④【多謝】-1=厚く礼を述べること。
  【多謝】-2=深くお詫びすること。

23. 感謝は、人の為ならずと認識出来ている
24. 感謝の一言は自分を含め周りの状況を円滑にし、人間関係を構築すると認識できる
25. 感謝のひと言は人と人、心と心の潤滑油だと認識できる

26. 感謝の言葉は、人の善、優しさ、思いやりを導く源であると認識できる
27. 言葉が多い程、自らの徳が高まり、得られることが数限りなくある。
28. 心豊かで幸せな人ほど、感謝のひと言「ありがとう」を表現することを怠らない。
29. 感謝の言葉を使えば使うほど心を豊かにし、減ることもなくお金もかからないと認識できる
30. 感謝は、思い遣りと温かな心があり周りの良い物事、素敵な人を引き寄せると認識できる


※以上、感謝力自己診断リスト(心の基礎体力修得ドリル)の中から抜粋しました。
 全ての項目の載ったリストを御希望の方は、問合せメールにてお知らせ下さい。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1661-ad7ce39f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック