接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「立場転換」は

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

立場転換は、
        「義務責任」と「謙虚さ」を以って!


お薦め度【★★★★】全業種、業態用

立場日々の人との触合いで相手を思い遣る心と言うと、先ず相手のことを思うこと、
そして相手の立場に立ち、その人になったつもりで言動や意識、
物事を推し量り、行動する「立場転換」が想い浮かびます。
この立場転換と即ち相手の身になって考え行動することは、
簡単なようで中々上手く出来ません。
若しも、自分だったらどう思考する意識を備えることは、
人間関係を円滑にして行くためにも必ず身に付けておきたい意識です。
この意識は、自らの感性が適正なのか、
自分の判断は間違っていないかを省みつつ、ゆとりのある心で
何故の心を持ち物事や相手の言動態度を、冷静に診ることが必要とされます。

例えば、贈り物(プレゼント)などを頂いた場合、
その人のプレゼントに秘められた気持ち(心)を察知することは出来ても、
以外と疎かになってしまいがちなのは、
プレゼントをする人が準備に要した時間(労力)を考え、察することです。

また、メールや手紙、様々な文章(教材・資料・文献など)を書かれた人の気持ちは、
無意識の内にある程度は察することが出来ますが、想いや考えを文章に書き上げるまでに
要した時間や労力まで推し量ることを忘れがちです。

例えば問い合わせなどのメールをした際に、
受け取りの返事=response (レス・電話・葉書・手紙等)を直ぐに頂ける人、
忘れた頃に返事(レス)をくれる人、全く無視する人など様々な人々がいます。
喩えそれが自らの意にそぐわない内容であったとしても、自らの意思(想い)を伝える返事は、
人として怠ってはならない最低限の義務であると思います。

社会の流れが速く、豊か過ぎる情報社会の現在、mail、Twitterやface book、Lineと
言ったコミュニケーションツールが数多くあります。
このようなツールを使う海外の風習はどうであれ、私達日本人は古より受け継いできた
理人情」の心を決して失うことがあってはならないと思います。
そうすることは、「」を重んじる武士道や日本独自の文化「おもてなし」の精神です。
特に社会の中枢を担っている人達は、人としての義務、日本人としての理を果たすことに対し、
もっと自分自身に目(心眼)を向けるべきではないでしょうか。

それは少子高齢化社会に於ける人と人との結び付きを強め、多くの人々と繋がる「」です。
現在忘れかけられつつある「衣食足りて、礼節を重んじる」と言う諺があります。
即ち、人は満足に衣食に貧している時は、恥を恥とも思わず、外見も余り気にしない。
ところが、生活が豊かになり、心に余裕が出来てくると、人間としての礼節を重んじるようになる。
と言うことを教えている諺です。
ところが現在の社会は、「」を優先すると共に安心安全意識が高まり、
残念なことに、人としての礼節(義務・義理)を軽んじる傾向が見られます。

一昨年の震災以来、世界中から日本人の様々な素晴らしさが称賛されています。
私達は世界中から手本とされている日本人である以上、
日本独自の素晴らしい文化(和文化)を改ためて見直し、
今後の社会創りに生さなければならない時期【ターニングポイント】だと思います。
そうすることは、日本人ひとり一人の豊かな心を育むと共に
現在迎えつつある様々な厳しい社会環境を乗り越えることにも繋がると確信します。

皆さんは、コミュニケーション不足により、大切な人や信頼を失ったことがありませんか?
相手の立場になり、思い遣る心で接すること、即ち【立場転換】は自らの「心」を豊かにし、
潤いのある幸せな生活を掴むことの近道です。
それと同時に、時によっては、『負けるが勝ち』の諺も意識することも必要です。
いつも謙虚な気持ちで、相手の立場に立ち
先ずその人を想い、態度に表し、会話や行動する】ことは、
貴方の人間的な魅力をより向上させ、己の心を豊かにし、利他の心を育む礎です。
その為大切なキーワードは、【義務責任】、【謙虚さと義理】だと私は思います。


立場転換の【ポイント50選】

1) 立場転換が何故、何のために必要なのかを認識し、目的を思考する
2) 自分が言われたらどう考え、どう思うかを、常に意識しながら会話する
3) 物作りや結果などに至る相手の労力や費やした時間を自分に置き換えて思考し、計る
4) 相手の話す内容や行動を自分自身に置き換えて考える
5) 相手の人格を認め、信じている旨をハッキリ伝わる言動と態度をする

6) 相手に対し憶測や先入観を持たない
7) 相手の立場を自分の都合の良いように、歪んで理解しない
8) お互いの心や立場を第三者の目で見るゆとりを持つ
9) 相手を心や言動・態度を指差さず、先ず、自分自身を指差してみる
10) 相手と同じ事や意識を実際に自分が体験してみる

11) お互いの立場に合った言葉を使う(敬語・謙譲語)
12) 謙虚に奉仕の心と感謝の心を態度や言動に表わす
13) 相手の話す一言ひと言を何故の意識で傾聴し相手の心を察する
14) 会話する前に出来る限り、相手の能力を見定め、相手に合った話し方する
15) 相手に対し思い遣りや感謝の心を示し合う言葉遣いをする(ありがとう、お陰様で)

16) 相手に対する見方や意識を変える
17) 相手の良い処を見つける努力をする(その良い処を褒める言葉として真面目に伝える)
18) 情や環境に左右されないよう常に冷静沈着、平常心に努める
19) 自らの能力や心をあらゆる角度から確り見つめ分析する
 (能力の程度・長所・短所・資質)
20) 相手に合せ、何故話すのか、その目的を伝え必要性を理解させる

21) 損得、好き嫌いで相手に話さない
22) お互いテーマや会話の内容について何故の意識で考える
23) 上に立つ者は、部下に力以上のことは求めないで少しでも予測上に出来たらきちんと認める
24) 会話やミーティングの対象となる事項の一般的な基準値を持っておく
25) 立場を理解し合う事によって得られる様々な要素を推測する

26) 会話やミーティングの目的を認識し、相手と自分の立場を知り弁えておく
27) 自分を能力や心をあらゆる角度から良く見つめ分析する(能力の程度・長所・短所・資質)
28) 真面目で素直なこと
29) 正直である(嘘がない)
30) 誰に対しても礼節を持って接する(礼儀・節度がキチンとしている)

31) 相手によって、会話内容や態度を変えない
32) どんな約束でも必ず守る(何事にも、時間はきちんと守る)
33) 人間関係に気を使い過ぎ、上手くいかないのを他人のせいにしない
34) 依頼されたことは間違いなく行う
35) その場しのぎをしなと(調子のよいことを言わない)

36) 言動、態度に裏表がない
37) 感謝の心を言葉と態度でキチンと伝えられる
38) 小さなことも一所懸命行う(小事を疎かにしないで、全力を尽くす)
39) 相手に見返りを求めたり、望んだりしない
40) 話す内容に一貫性がある

41) 言行一致している(自分の言っていることと、現実の行動に矛盾がない)
42) 自制≒感情のコントロールが出来、相手に常に不変な精神状態を保てる
43) 話の内容が以前に話した内容と、現在の会話内容が異ならない
44) その場に居ない人のことをあれこれと批判しない
45) 他人に望んだことを自らが行える

46) 自分に否がある時に素直に謝る心(自分の過ちや間違いを認め、謝罪する)
47) 相手のためになり、成長に役立つと思ったことは真剣に話せる
48) 相手や仲間に言うべきことは伝える勇気を持って実践する
49) 自分に注目してもらいたいという欲求から、人に嫌われる自慢話をしてしまう
50) 利己的な考えの元に、己の能力をアピールし、自分に気を引きつけるような会話を選択しない


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1669-d1eb46ef
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック