#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) サービス業の「心の礎」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

=Cornerstoneに気付く

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心の礎




社会が成熟し、百年に一度の厳しい世情となった今、
思い遣り」と「感謝」の心への回帰こそが、
この苦境を乗り切るための数少ない手段の
ひとつではないかと考えます。

その利他の心である、
思い遣り」と「感謝」の心は、

『自分だけが良ければよい』

『自分だけが幸せならよい』


と言う風潮の現代社会の中でポッカリと開いた
人と人との心の隙間を埋める手段です。





私達のお客様へのおもてなし接客する上においても、このコーナーストーン=「」を、
いつも意識しておかなければならない大切なことだと考えます。
サービス業限らず、社会生活をしている私達にとっての「」は、
マナーの形と言われる「思い遣り」と「感謝」の心と、利他心とも言える「おもてなしの心」です。

飲食業や物販の場合の「」である、商品(飲食物)の製作者(製造・作成・調理者)と
材料となる様々な物の生産者に対するお陰様での「感謝の心」を決して忘れてはならないと言うことです。

以前のことですが、懐石料理のお店を数年間に渡りご指導させて戴きました。
その時に、料理人の方からお店の造り、食器備品の由来、お客様をお迎えする装飾品やお花、
料理の原材料、調味料など全ての「」となるものへの「感謝の心」を意識することが
とても大切だということを気付かされました。

同時に、当然ながら調理をなさる方々の仕事に対する取組姿勢や技術の大事さも知らされました。
この様なの「礎」を深く知ることで、お客様に直に接し、
おもてなしの飲食物を提供する接客係としての役割の大切さ、
重さを改めて再認識させられました。

料理の達人と呼ばれる調理人達は、必ずと言っていいくらい生産地へ赴き、
直接生産者の方々に「労いと感謝の心」を表わし、伝えるそうです。
生産者にとっては、その「感謝の心」がより良い材料を作り出す生産のエネルギーとなり、
結果として美味しい原材料を作る源になっています。

このような「礎」を知り、身に着けることは、おもてなし接客の場に根ざしているのです。
以上をまとめると、あなたとお店の大切なお客様へのおもてなし接客は、
お店で働く全員を代表して接しているだけなく、
上記した様々なCornerstone =「礎石」が多々あり、
その重さを強く自覚認識して行うことこそがとても大切だと言うことです。

それは、お客様に心に残る素晴らしいおもてなしや多くの感動、
余韻を味わって頂く「礎」です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1677-74940dc7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック