#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 【心の基礎体力】-誠実さ

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

誠実な人」ってどんな人?

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

誠実花言葉jpg
皆さんは、こんな疑問を持ったたり、
質問を受けたりした時にどのように考え、答えますか?

誠実さ」とは、
自分が正しいと信じていることや
相手への思いやり(利他心)の為に、
謙虚な真心と態度で他者と接し、
自分が確固とした「志」を備え、
同時に高い価値観を持ち生きることです。

それは、他人に対する自分自身の素直で
謙虚な態度や言動だけでなく、人の心や物事に対して、
先ずそれを受け入れることであり、
同時に正直で真心のある態度と行動をとることです。


言行一致」即ち行動と言葉が一致している時、
あなたに素晴らしい存在感が生まれます。
そしてそれは、決して自分を騙して偽るようなことはありません。

誠実な人の心は善良で、
素直で嘘偽りのない清らかな人生を送るために役立ちます。
この「誠実」とは、【至誠】とも表され、
謙虚で「相手の信頼を、決して裏切らないこと」です。
では、具体的にどんなことを言うのでしょうか。
誠実」とは「言行一致」することだと応えられるでしょうが、
それ以外にも以下のようなことがあるのです。

1.謙虚な態度や何事も一度は受け入れられる素直な姿勢がある
2.態度や言動、心に裏表がない
3.正直で嘘、偽りの言動をしない
4.一貫して真実を貫くことができる
5.些細なことでも心からの感謝を伝えられる
6.真心を備え人や物事に相対する
7.いつ誰に対しても、変わらない態度と礼節を持って接する
8.態度や会話に礼節さ(けじめ)がある
9.相手からの信用、信頼を決して裏切らない
10.ТPОに合わせ,触合う相手を思いやる礼節を弁えている

この他に、数多く誠実さを表わすことがあります。

さて、皆さんはこの「誠実さ」をどこで、どのようにして学びますか?

21世紀に入る迄は、実体験の中から身に着けたり、本を読んだり、
人の背中を見たり、先輩や年長者から話を聴いたりしながら身に着けてきました。
しかし、有り余る情報に溢れた現代社会でも、このことについては一歩遅れおり、
意外と知られてなく昔の儘のように思えます

では、自らが上記した10項目などの誠実さの知識を前以て備えていたらどうでしょうか。
プライベートやビジネス上で見知らぬ人との出会いやあまりお付合いのない人と触合う上で、
その人のこちらに対する意識やその人物をいち早く知ることに繋がると思いませんか?
誠実さに限らず、思い遣り立場転換感謝などの知識を予め備え持つことは
豊かな対人関係力(コミュニケーション能力)を育み築く【】になるのです。

そのことによって、今迄見えなかったことや心の世界も見えてくると、実際に体験して来ました。
私は、それを【心の基礎体力】であると考え、時代の流れに合うように夫々の要素を確りと知り、
身に着けなければならないと思います。

体罰やいじめが社会問題となっている現在、
強制的で一方的な教え方だけでは人は決して育ちません。
教え導く指導者やリーダーは「共に学び考え、共に育つ」意識と活動、
教わる側の者は「個々人が自発的に考え行動する」体質が求められます。

それはサッカーのザッケローニ監督やなでしこジャパンの佐々木監督などの
選手に対する指導法にも表れ、素晴らしい活躍と結果を残していることからも実証されています。

その一例として以前、サッカーの長友選手が出場できなかった時、
感謝思い遣りの大切さを考え、そのことに気付くことで色々なことが見えて来て、
実際のプレーに役立って成果が挙げられた、との話がとても印象に残っています。
キッと彼は、自分にとってとても大切な【心の基礎体力】を学び知ったのだと思います。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1686-13817595
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック