FC2ブログ

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。

職務遂行心得(5)現場監督者

現場監督者の心得(5)

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

私達の心得を再認識して感謝の心と部下への思い遣りを持って職責を果たしましょう。

1.挨拶をキチンと出来る。(されるのを待つのではなく、こちらから進んで行う)
2.サービス業従事者として自覚を持ち何事にも「有難う」「お陰様で」の心と態度で取り組む。
3.全て出来る人が監督者とは言い切れない。皆と一緒に目標に向かい先頭を進む人が
  本当の監督者なのです。
4.幹部の仕事は自分の無にし、スタッフの能力を最大限に引き出すこと。
5.先ず『認め』次に「アシスト」し「教える」
6.日々スタッフの体調、精神状況を把握し、適切な言動をする。
7.スタッフの個性に合った指導を行う。(幹部全員が一貫した指導方法をする)
8.何事も失敗を恐れずに行う勇気を持つ。
9.何時でも今一番大切な事を判断する能力を養い実行する。
10.自分が手本となる行動をし、スタッフが同様に実行するのを見届け、認める。
11.何時でもスタッフに対して平等に見る癖をつける。
12.感情で物事を判断しないようにする。
13.出来るかぎり個別指導の時間を作り指導・アシスト・サポートする。
14.店舗の状況を把握し適切にスタッフを動かす。
15.スタッフから依頼された事は、進んで取り組み責任を持って行い結果を伝える。
16.自己分析・自己診断・自己把握をし、日々自己向上に努力する。
17.何時でも心の平静に心掛ける。
18.知らない事は部下からでも進んで学ぶ。
19.物事は一度考えてから実行する。
20.常に直向 (ヒタムキ) な心で話を聞く癖をつける。
21.働き易くするにはどうすれば良いかを常に考える。
22.何事もメモする癖をつける。(仕事が多くて忘れる事がある)
23.少しの時間でも一日の職務、今日のスタッフ状況を振り返る癖をつける。
24.従業員の資質を掌握し、職務向上のための指揮、指導する。
25.何事も責務を自覚した上で全うし、又部下の失敗を自分の責任として処理する。
26.苦情クレームは前向きに捉え、冷静沈着に対処し、上司に報告その後の対応にあたる。
27.緊急を要する事態や非通常的な場合でも適切な判断が出来る。
28.部下に対し接客上の適切な指導をし、接客サービス向上をさせる。
29.何事にもチャレンジ精神を持ち取組む。
30.自分の成すべき役割を認識し、職務に従事する。
31.店内での姿勢、挨拶、言葉遣いを手本となる定められた形で接客実務を行う。
32.各人の接客サービス向上の為に、マニュアルに沿った教育を行う。
33.必要なローテーションを作成し、配置する。[シフト管理]
34.各々の能力を掌握し、当店にあった個人指導、教育、育成を行う。
35.アルバイトに対し接客、営業実務を教え、ルールの統率を計るなどの指導をする。
36.アルバイトスタッフをまとめ、牽引する。リーダーシップを取る。
37.客質、客層観察だけでなくトイレ・外回りなど隅々迄状態を掌握し、手本となる巡回をする。
38.店舗内外の清掃状態を確認し、営業中の美化などの清掃管理をする。
39.常に店舗内を見回し、破損個所や照明などの修理修繕に努め店舗保守をする。
40.自分の成すべき役割を認識し、職務に従事する。


現場監督者として全員への[思い遣り]と[感謝の心]で監督し、

また店舗責任者のサポート役として与えられた職責を全うする。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 仕事の現場 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback