接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「感謝は人の為ならず」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

感謝は「絆の礎」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

感謝は人の・・・


自分が幸福になりたかったら、
先ず周りの人から認められる人、必要とされる人、
感謝される人になれるように日々努めなければなりません。

中でも、遜った感謝の伝達は、
人と人との結び付き、繋がりに欠かせない大切なことです。
その感謝の心は、人の心の中に自然と湧き出して来る
「その人の感性」そのものです。

感謝は、大切にしたい人や大切な人を思い遣る心に必ず繋がり、
優しさや奉仕の心、お世話の心などが持てるようになると共に、
人としての」「を導く源です。
そして、「感謝は人の為ならず」と自覚することです。


人から感謝される人に成るためには、
先ず「ありがとう」と言える人、言われる人になることです。
そのために、自らが積極的に人や物に感謝する心を持たなくてはなりません。

即ち、自分から感謝したり、感動したり出来ない人が、一方的に他の方から
感謝や感動、満足を受け取ることが出来ないのが感謝の特質なのです。
感謝を表現する素晴らしい言葉「ありがとう」「有難い」「お陰様で」は、
自分の気持ち(心)の持ち方次第で伝わり方が変ります。
その気持ちを伝える対面手段として、強い順から、表情>声>言葉です。
気持ち(心)は表情、声(声の表情)に出ます。
キチンと気持ち(心)を込めていれば、それが表情、声に表れて相手に伝わります。

また、感謝の「ありがとうございます」と「ありがとう、ございます」の二つの言葉は、
やや異なった語彙があり「ありがとうございます」は、
一般的な感謝「有難い」や「嬉しい」を表現する場合に使い、
句読点のある「ありがとう、ございます」は、
有難く」を強く心に感じた場合の【拝謝深謝】に用いられるのではないかと考えます。

「ありがとう」「有難い」「お陰様で」と言った感謝の心は、ただ思っているだけでは伝わりません。
自らの言葉や態度、行動に表わしてこそ、初めて活かされ、伝わります。

また、感謝の心は、物やカタチに現して伝える場合もあります。
幸せな人程、謙虚に感謝の気持ちをいつも持ち、
その表現伝達を怠ったり、忘れたりせず、適時適切に表わし伝えています。

また、一流人と言われる人、成長し続ける企業経営者、人望の厚い指導者、
世界で活躍するスポーツマンに共通するのは、
素直で謙虚な姿勢や態度、感謝の伝達を疎かにしいないことです。
人は得てして、感謝を伝えたから、そのままで良いと自分勝手に考えてしまい、
大切な【感謝の恩返し】を忘れてしまったり、怠ってしまったりする場合が多々あると思います。
ある人に感謝をしたら、その人への恩返しに心掛ける必要があるのでないかとも思います。

喩え、本人に恩返しが出来なくても、日々触合う人々に何らかの形ですれば良いとも考えます。
この「感謝」と「恩返し」の心と形のキャッチボールが人と人との絆を作り、
人間関係を円滑にし、生かされ生きている幸せを感じることにも繋がると思います。

感謝の伝達は、

1. その時、その場所で、心を込めた言葉と所作で伝達する。
2. その後、電話(肉声)で伝達する。
3. 携帯・PCメールで適時、適切に伝達する。
4. 自筆の葉書・手紙で伝達する。
5. 忘れないようにメモなどを残す。
6. 感謝の心を持続し、行動や態度に移す
7. 予め勝手に答えを予測しないこと
8. 何らかの見返りを求めず、望まないことです。
9. 感謝は何らかの形で必ず己に戻る。
10.感謝の心と行動のキャッチボールに努める。

以上のようなことに、日々努めることです。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1697-6540c871
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック