FC2ブログ
avatar image

職務遂行心得(6)店舗責任者

店舗責任者心得(6)

    私達の心得を再認識して感謝の心と部下への思い遣りを持ち
    職責を果たしましょう。


1. 規律
  職場の適切な基準を保有し、職務上の躾やルール、規則を守らせる。(コンプライアンスの徹底)

2. 役割認識
  自分の成すべき役割を認識し、職務に従事する。

3. 包容力(寛容さ)
  相手の気持ちや立場を理解すると共に、人の欠点に寛大さを持つ。

4. 挑戦意欲
  何事にもチャレンジ精神を持ち取組む。

5. 発言力
  会議、会合などで自分の意見を判り易く、明確に発言する。

6. 判断力
  緊急を要する事態や非通常的な場合でも適切な判断が出来る。

7. 部下統率力
  リーダーシップを発揮し部下を先導し、社針や目標に向け統率する。

8. 部下の意識向上
  定期的に個人指導を行い、部下のモティベーション向上に努める。

9. 接客向上
  部下に対し接客上の適切な指導教育をし、接客サービス向上をさせる。

10. 革新性
  現況に満足せず自店のサービス向上のために改革改善をする。

11. 企画提案
  独創的な発想で営業に関わる各種企画提案を行い、成果を出す。

12. 資料作成
  決められた期日内に出来、目的に適した内容で見易く正確に作成する。

13. 人事考課
  部下の職務に対し診断が行え、適切な考課をする。

14. 店舗保守
  破損個所の修繕や職域全般の保守に関わる管理監督を適切にする。

15. 情報収集力
  営業に活かすために必要とされる各種情報を収集し職務に活かす。

16. 折衝渉外力
  会社の代表としての意識を持ち会社側に立った適切な折衝をする。

17. 顧客分析
  部下からの報告、自己の調査などにより顧客のニーズ、動向などを追求する。

18. 主要店舗調査
  営業の参考にするために他店舗の情報を収集し、各店の状態を的確に掴み活かす。

19. 人件費管理
  定められた人件費枠内での調整をする。

20. センス(トレンド)
  常に時流を掌握した商品、催事、お勧め品などの企画開発にあたり営業に活かす。

21. 居住性対処
  客席、客室の空調、音調など常に顧客の立場に立った居心地の良い空間作りに努め、
  顧客の立場で居心地を考えた対処指示をする。

22. 営業分析確認
  各種データを確認分析し、状況に合わせた対処やプラン作りなどを行う。

23. 店舗調査
  自店の営業の参考の為に各営業店舗の情報を収集し、各店の状態を的確に掴み営業に活かし、
  また主要店舗で行われるイベントを把握し、正確に記録をする。

24. 実務報告
  営業日報、連絡帳その他日毎の各種報告書を正確に記入し、定められた方法で報告する。

25. 告知、装飾品の管理
  告知、装飾品など時期、目的に合わせ常に見易く、見栄えの良い状態を保持する。

26. 人脈活用
  広範囲な人脈を持ち職務遂行に活かす。

27. 職場環境の整備
  労務環境を把握した上で効率的な職務遂行が出来るよう改良改善に努める。

28. 問題解決力
  何事にも問題意識を持ち、職務上で発生した諸問題を速やかに解決、処理している。

29. 折衝調整能力
  店舗(会社)側に立ち、お互いの立場を調整し、相手を説得、了解させる。

30. 仕事の処理
  迅速さ、正確さに留意し適切に行う。


店舗責任者として、全員への【思い遣り】と【感謝の心】で統率、牽引し、
与えられた職責を全うする。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 仕事の現場 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback