#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 謙虚さ

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

謙虚さを振返る

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

誠実-kanpanyura謙虚th


謙虚さの自己チェックリスト

※“謙”は、下へ下へと遜る、“虚”は、一番下から総てを+に受入れると言う語彙。

1. 「謙虚」の文字の語彙を認識して行動できる
2. 「愛情」と「敬意」と「感謝」の心を備え、それに気づく為の心の姿勢が「謙虚さ」だと理解できる
3. 素直な心に成りたいと言う強い願いを持ち続けられる
4. 全てを受け入れられる寛容な心が持てる(寛容の精神で人と接しられた)
5. 自分は人に支えられていると言う意識を持てる
6. 姿勢と態度で謙虚さを表現できる

7. 常に寛大であり、柔和で物腰が低く、他人の人格を尊重できる
8. 高慢は無力に基づくものだと自覚できる
9. 自分の間違いには盲目だと自覚できる
10. 他人は自分より偉いのだ、自分にないものを持っていると自覚できる
11. 遜り控え目の言動や態度で過ごせる
12. 見栄を張らず、慎ましい気持ちと態度ができる

13. 自らの感情や欲望を抑えられる
14. 必要に応じて自らを謙遜できる
15. 素直に相手の意見、注意、忠告などを受け入れられる
16. 控えめで偉ぶる態度や言動はしない
17. 目線を低くして会話できる
18. 肩肘張らない言動ができる

19. 「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」の諺を理解できる
20. 「能あるタカはツメを隠す」の諺を理解できる
21. 逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きられる
22. 己に自惚れることがない
23. ひねくれず素直に会話ができる
24. 何事も前向きに行動できる

25. 何時でも我慢でなく、私心にとらわれず受け入れられる
26. 他人の利益や喜びも考えられる
27. 己の弱みを武器にすることはなかった
28. 傾聴を心掛けて会話ができる
29. 過ちや不足を素直に認められる
30. 他人の意思や想いを排除することはなかった

31. すべてに対して学ぶ心で接しられる
32. 己を無にし(無我無心)、何らかの教えを得ようと努められる
33. 意見を言ってくれて「有難う」の感謝の気持ちで受け入れられる
34. 話を聴いてくれて「有難う」と言う感謝の気持ちが持てる
35. 会話上、出過ぎたり、過度の自己主張をしたりすることは無かった
36. 相手の話を一度受け入れてから、自分の意見が言える

37. 利他・愛他の行いの第一歩は、「謙虚」であると認識できる
38. 己の成すべきことを正しく知り、勇気をもってそれを行なえる
39. 良い物事は、正しく良いと認識できる
40. 価値ある物は、その価値を正しく認めることができる
41. 勝利ばかりが勝つことではないと認識できる
42. 損得を考えて会話、行動することはなかった

43. 己の心を無にして会話、傾聴できる
44. 地位や年齢に拘らず礼節を以って接することができる
45. 場所や席を譲り合ったり、会話上でお互いに発言を譲り合ったり、遜ったりすることができる
46. 触合う相手に遜り、温かな優しい眼差しで接しられる
47. 見返りを望まず求めずに情けの施しができる
48. 思い遣りの篭った温かい言葉をかけられる

49. 自らを犠牲にし、人の為、社会の為に懸命に働ける
50. 利他の意識で発言、行動できる
51. 他者に明るい笑顔、柔和で優しい微笑をたたえた笑顔で接しられる
52. 人に受けた恩は心に刻み、情けを水に流せる
53. 「ありがとう」「お陰様で」などの感謝の表す言葉と態度で人々と接しられる
54. 思い遣りの心を込めた態度と言葉使いで他者に接しられる

55. 人や他の物の存在に、感謝の心で触れ合い接しられる
56. 奉仕の心で労をねぎらい、お世話ができる
57. 無いと困るけど、大きくなり過ぎるプライドを自制し、低く保つことができる
58. お互いが互いの存在を遜り合い認め合える
59. 有りの侭の姿を見せられる
60. 自分が全て正しいと思い込み、その偏った狭いものさしで、他人を評価、批判、否定をしない


    ブログパーツ


    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1700-019dabf7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック