#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 報・連・相は信頼の原点

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

報告力は信頼の礎

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

報告力


報・連・相」は、与えられた仕事に責任を持ち
円滑に進める上でも、人の繋がりにも絶対に必要です。
それには、相手に対する思い遣る心が表れます。

その為には【感謝の心のキャッチボール】が不可欠です。

特に上司から部下に対する感謝の気持ち、
部下から上司へ「お陰様で心」があるのとないのでは、
信頼関係や心の繋がり方に大きな差が出てしまいます。

謙虚に心からの
「ありがとう」
「お陰様で」
「ご苦労様」
の感謝のひと言と、
立場・場所・時を弁えた挨拶言葉は
互い繋がりと思い遣り、信頼を生む源です。



報告力は、与えられた仕事の結果や経過について対面や文書で伝達する能力です。

A.報告の種類
イ) 緊急報告
ロ) 受命指示後の経過・結果の報告
ハ) 現状・現況報告
ニ) 中間報告
ホ) 事前事後報告
ヘ) 経過進捗(プロセス) 報告
ト) 変更報告
チ) 営業内容報告
リ) 会議(ミーティング) 報告
ヌ) 成果・結果の報告
ル) 受理報告
ヲ) 読後連絡
ワ) 苦情クレーム報告
カ) 感想報告
ヨ) 情報報告
タ) 修理修繕報告
レ) 身体状況報告

B.種類別の要点
【ポイント】予め内容をまとめて置く

1.結果・業務報告
←結果報告は指示者に直接する
←結論を先に、経過は後に
←ポイントを整理し、手短に
←報告書は読み易く、解かり易く

2.中間報告
←中長期の仕事は途中で必ず経過報告する
←困った時、行き詰った時は状況を報告する
←内容を予め整理し、箇条書きにしておく

3.トラブル報告
←悪い状況ほど早めに報告する
←緊急の場合は、時と場所を選ばない
「何処で、何がおこっているか」
「いかに対処すべきか」
←悪い報告ほど、質問の答えを用意しておく

4.変更報告
←「なぜ変更するのか」を明確に
←変更した内容はその時点で報告する
←変更以外に自分からの提案も加える

5.情報報告
←自分で勝手に取捨て選択せず、全て報告する
←事実情報と憶測情報は分けて報告する
←私見として、気付き、感想なども報告する

C.報告の方法
※報告内容に適した手段を選ぶ
イ) 対面
ロ) 電話
ハ) メール
ニ) ツイッター・フェイスブックなどのツール
ホ) 電報
ヘ) 手紙・葉書
ト) 書類(レポート・メモなど)
チ) 上記の組み合わせ

D.報告の効用
1. 様々な人間関係が構築出来る
2. 仕事が円滑に出来る
3. 顧客満足を高める
4. 公私の利益の源となる
5. 安心感を与えられる
6. 誠実さが伝わる
7. 互いの立場を守れる
8. 新たに仕事が生まれる
9. 親しい知人や友達が出来る
10. 公私共に、信用や信頼、絆が生まれる
11. 愛情が芽生える
12. 依存心が生まれる

E.報告不足の弊害
1. 様々な弊害、損出が出る
2. 公私共に信用、信頼を失う
3. 仕事が上手くいかなくなる
4. 顧客や仕事を失う
5. 自己中に見られる
6. 疑われ易くなる
7. 公私共に、頼られなくなる
8. 人望、人徳が希薄になる
9. 顧客や友達を無くす
10. 個人的な愛情や大切な人を失う

F.報告の仕方【心得】
1.適切なТPОを弁える
2.状況判断を正しくする
3.指示された事項は必ず報告する
4.①結論・結果②進捗経過③私見の順で
5.事実と意見を明確に区別する
6.想定外、悪い事ほど早めに報告する
7.期日より早めの報告に心掛ける
8.報告に要する適切な時間管理をする
9.感謝と奉仕の意識を持つ
10.心身の正しい姿勢で行う



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1714-09b6615f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック