接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「ひと言」の朝の挨拶に心を込める!

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

朝の「ひと言」の挨拶を大切に!

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

ひと言の挨拶

挨拶は人間の基本であり、人間関係の原点です。
では、なぜ挨拶が人間の基本なのでしょうか。
挨拶は、人間関係の原点であり相手に対する思い遣りの気持ちそのものです。
挨拶の言葉には、いくつもの思いが篭められています。

挨拶は、「礼節」を以って表わすとよく言われます。
では、礼節とはどんなことを言うのでしょうか。

」は、相手を尊び敬うこと(尊敬)、即ち、自らが遜る謙虚さを備え(謙遜)、
自らの態度や行いを丁寧にすることです。

」は節度(けじめ) 其の場その時に即した「」を、場面や場合に応じて自らが態度に示し、
行動出来るように弁えることを言います。
いつでも心の通った挨拶をすることは、人と人とを結びつける役目を持ち、
人との繋がりを創出する役割を果たします。

と同時に、その人の人柄や
相手に対する意識や心が表れる
その人の「人現力」でもあります。

一例を挙げますと、
今迄自らが遜り、謙虚に「おはよう、ございます」
と挨拶していた人が「おはよう」と同じ目線、
上から目線に受け止められがちな挨拶に変った時、
その人の心のポジションに高ぶりの変化が
生じていることが表れると言うようなことです。

普段使っている「ひと言」の朝の挨拶には、
下記したように幾つもの意味が含まれ、思いが篭められています。

おはよう、ございます」は、

あなたに支えられていることに感謝します。
私は元気です。
あなたも元気ですか?
皆さんはいかがですか?
皆さんは、頑張っていますか?
私もこれから頑張ります。
早朝からお疲れ様です。(ご苦労様です)
皆さん、私は元気ですから、要らぬ気遣いはしないで下さいね。
今日と言う一日の為に、新しい気持ちでスタートしましょう。
今日一日皆さんにも、私にも悔いの残らない一日にしましょう。


この「おはようございます」のひと言の挨拶は、人の文字のように、人は人々の支えがあり生かされている
その支えがあればこそ、日々生きられて生活出来ることへの、
感謝」「礼を表すお陰様の心」「思い遣り」「励まし」を凝縮した言葉なのです。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1716-554288ae
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック