接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  安心感(安信感)【心の基礎体力】

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

安信感のキャッチボール

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

安心感
年度替わりの今の時期に見直してみましょう。
安信感は、安心と信用信頼を言い表すことで、
私見で考えた作った言葉です。


今の日本社会環境は、
「個」を優先し、個々人の安心・安全を
とても大切にする傾向があります。
この「個」を何よりも一番に考えること、
言い換えるなら、
利己的な要素や要因を如何にして解決し、
解消して行くかが、これからの社会全体の課題ではないかと思われます。


同時に、多少に関わらず不安を持っている人々が一番先に求め望むことは、
相手を認めると共に安心感を与え合うことだと自覚し、心に留め置くことではないでしょうか。
その様々な不安を解消するための為のキーワードの一つとして、利他心とも言える、
先ず他者を想い、その人を大切にすると言う意識を持つことが挙げられます。
それは、人として人を大切にする心と行動、即ち人の原点である『思いやり』と『優しさ』の心を備え持ち、
周りの人々に触合うことです。

その手段(方法)の一つとして、様々な安心感のキャッチボールを心掛けることが必要であると考えます。
日々の人との触合いやビジネス上でも、互いが「安心感」を与え合うことはとても大切です。
自信の持てない人、孤独な人や不遇な人、子供や老人ほど安心感のキャッチボールを求めます。
また、この安心感は、人々を幸せに導き、同時に犯罪を少なくすることにも役立ちます。

例えば、
 些細な挨拶でもされたら必ず返す
 日に一度は、心を込めた挨拶を交わす
 感謝の言葉「ありがとう」を心から伝え合う
 質問や問いに適時適切に答える
 相手に伝わるように、「はい」の返事をする
 相手のことを何故の心を以って、観察察知する
メールは形だけでもレスする
報連相を確り行う
 相手から依頼されたことなどについて、断りや承服できないことを曖昧にせずに伝える

その他、何らかのキッカケで御縁を頂いた方への挨拶メールも、大切なその一つであると思います
些細な御縁が得られるネットの様々ツール(ツイッター・フェイスブック・ミキシィなど)で、
まだ面識のない見ず知らずの人からの挨拶メールの有無で、
その人のこちらに対する心(姿勢)が計られている場合が多いと考えてみることも、
時に必要なのではないでしょうか。

挨拶のレスの有無に、取組姿勢や自らの利害関係意識が如実に表れると考えられます。
その一例を挙げますと、自分自身に何らかの形で役立ちそうな人、著名人、
ビジネスに繋がる可能性がある人など言った方には、進んで挨拶メールを送りますが、
利己的になり関心のない人は無視してしまう傾向があるということも時折あると考えられます。
意外と忘れがちな、このようなネット上のツールでの、
「初めまして、どうぞ宜しくお願いします」の一言の挨拶メールを交わすことです。
このようなことは、相手を一人の人として「認めること」、
互いが「認め合う」こと表れであり、
即ち、安心感のキャッチボールあると思います。

また、自分に関係ないと思われるイベントのお誘いやお願い事などを無視せず、
勇気を持ってハッキリ「出来ない」と「断る」ことも、相手へ不信を抱かせず、
安心感を与え、その人への思い遣りを表わす「認める」ことだと思います。

古より日本では、自らの保身の為や他人の思惑を優先して考えてしまう傾向があり、
イエス・ノ-の返事を曖昧にしてしまうことを美学と考える国民性があります。
捉え方を変えてみると、このようなことは「安心感」=「安信感」に繋がることです。

日常生活上での「認める心、認め合う心」と「態度」は、思い遣りを表現するひとつの手段です。
例えば、ビジネスにおいてクライアントに接する場合や場面で、
自己事情や己の甘えや要望を優先した言動や其の場凌ぎの調子の良い会話、
手間を惜しんで楽に逃げてしまったり、
目先の利益を追いかけてしまったりするなどして、
相手を大きな視野(視点)で捉えることが出来ず、
相手やクライアントの奥にある多大な可能性や
無数のマーケットを見逃してしまうことがあります。

このようなことの無いようにするには、相手やクライアントを大切にする心、
その人(会社)への安心感のキャッチボールに気遣いと心配りする心を備え持つことです。

また相手やクライアントに、
思いやりの「ものさし」である時間を取ったり、作ったり出来るかです。
この思いやりの心の大小により、信用信頼、絆が生まれるか否かが決まるとも言えます。
そこで、当て字になりますが「安信感」を、常に意識することをお勧めします。

」は安心を意味し、「」の文字を分解し、
人への心を口」から発信すると解します。
安心感は、優しさと同様に与えた人の心の中に生まれるものです。
そしてその人への安信感(信頼信用)は、
思い遣りと同様に相手に自らの思いを相手に伝え届けることであり、
様々な思いを発信することを表わした言葉です。

安心感を発信すること、相手を信じることと共に、
」の熟語である【信用信頼・信念・信条】の
語句を意識し、表現し、言動することです。
但し、この安心(安信)感は、利他の心から生まれることであり、
見返りを望んだり、求めたりすること」ではないと強く自覚しておくことが肝要です。

※利他心
利他心とは、他人の利益を重んじ、
他人が利益を得られるように振舞おうとする人を思い遣る心を表現した文言です。
自分や自社だけの利益を考えるのではなく、一番に損得を考えず、
先ず、自己犠牲を払ってでも相手やお客様に尽くそうという精神であり、
人間として最も尊く、美しい心です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1722-73f06ec5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック