#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) プラス思考【明元素】

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

プラスマイナス思考

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

プラス思考・マイナス思考

【この図は、ウェブより引用したもので、自作ではありません。】


人は、プラス思考詰り【明元素】の意識を持つことで心に余裕が生まれ、
様々な事が円滑に出来、物事にスムーズに対応・対処出来ます。
このプラス思考というのは、自分や自分の周りに起こる出来事について常に前向きに捉える事です。
勿論、プラス思考はストレスも溜まりにくいので、メンタルヘルスも良好な状態になります。
今の社会では、心の病気で悩んでいる人達は増え続けています。
仕事の悩み、人間関係、育児、心にストレスを溜めてしまう人はとても辛く苦しい気持ちになります。
でも、ほんの少し考え方を変える事によって人生が変わります。

プラス思考になると、心に余裕が生まれ、様々な事が簡単に、スムーズに対応出来ます。
プラス思考の人には、やはりプラス思考の人達が集まってきますし、更にプラスの発想をします。
同様に、マイナス思考の人にはマイナス思考の人達が集まってきますし更にマイナスが強まります。

では、プラス思考の人と、マイナス思考の人との違いは何かを考えみることにします。
プラス思考の人は自信に輝き、頼りがいがあり、常に楽しく幸せそうにしていますので
次々と良い人達が近づいてきます。

マイナス思考の人は、何を言っても否定し、暗く陰気な雰囲気が漂い、
人生がとても辛く退屈で不幸そうに見られてしまいがちです。
マイナス思考の人は、好んでマイナス思考になった訳では無いでしょうし、
成りたくもないでしょう。こう言ったマイナス思考の人がプラス思考に成るためには、
少しだけ意識や気持ちを変えることで、誰でも出来ることなのです。

では、実際にプラス思考になる為にはどうしたら良いのでしょうか?
先ず、第一歩は何時でも明元素を意識することです。
明元素は【明るさ・明朗、元気、素直】の頭文字から取った言葉です。
明るく振る舞うこと、元気を全身で表すこと、そして素直になることです。
そのためには、何事に対しても、「はい」と謙虚に、素直に一度は受け入れて癖を付けることです。

「はい」と素直に受け入れることの出来ないマイナス思考の人は、
知らず知らずの内に、自分自身を追い詰めてしまい、
ストレスが溜まり易く、身も心も疲れてしまいます。

マイナス思考の人達の多くが、物事に否定的で、プライドが高い人が多い様です。
そんな事は分かっている、そんな事はないと思う事も多々あるかもしれません。
しかし、とりあえず「はい」「そうですね」と、一度受け入れてみて下さい

言霊」(ことだま)という言葉を聞いたことがありますか?
言葉には魂が宿っていて、言葉に出すとそれが現実として本当になるという事です。
そう、言葉は生きているということ、そして魂があることを表わした言葉です。
良い言葉を発すれば、現実も良くなっていくし、悪い言葉を発すれば現実も悪くなるのです。

良い人間関係のためにも「明元素」の 
明るい!元気!素直!この三つの要素を忘れないことです。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1725-5e6d3b56
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック