#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) お辞儀の心

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

か?見た目か?

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

お辞儀新


お辞儀は誰に対し、何の為にする』

飲食店、スーパーや物販店では、会計時にレジに向かってお辞儀をする人、
医療機関では、仲間とお喋りしながら患者さんにお辞儀をする人、
パーラーでは、誰もいない遊戯台に向かってお辞儀をする人、
会社では、机に向かってお辞儀をする人など、
対象や「何故するのか?」と言った目的を認識(自覚)せずに、お辞儀をしている場面を目にします。
きっと、このようなお辞儀の仕草や態度をしている方々は、表面上の形や仕草だけを教えられ、
お辞儀本来の原義や目的、正しい仕草を教えられたり、知らされたりしていないと思われます。

即ち、お辞儀の目的である、される人に対するを表わし、
感謝の心を表現し伝えるために行うものということを自覚認識していない表れだと考えられます。
お辞儀は、相対する相手へ、お店(会社、接客スタッフ)の『』を表し、伝える為に行うものです。
それは、お店と、接客係の品格を伝える大切なマナー(お客様への思い遣り)をも表します。

お辞儀は、己の身を小さくし、
人間の身体で最も弱い部分である頭を相手の前に差し出すことから、
「私にはあなたへ敵意はありません」
「あなたへ敬意を持って接します」
と言うことを表現します。

また、互いの心と心を近づける為に、心のある胸から相手に近づける様にするのです。
当然のことながら、形ばかりの頭だけを下げるコックリはお辞儀とは言えません。
お辞儀はお客様や相手に対し※や、思いやりや感謝、敬意、信頼を表現伝達する為のものですから、
アイコンタクトと共に、自らの姿勢を正して行われるべきものです。
決して、一部の方々が人の目や思惑を重んじ行っているような形ばかりのパホーマンスや見た目の美しさ、
エレガントさを意識して行うべきものではないと私は考えます。

(三省堂国語辞典より)
=社会秩序を保ち、人間関係を円滑に維持するために守るべき、社会生活上の規範。
礼儀作法・制度など。敬意を表すために頭を前に下げること。お辞儀。


この様な形でお辞儀をするのは韓国の法に由来していると言われます。
北京オリンピックのコンパニオンがこのような胸での手組みをして以来多く見られます。
私見ですが、本来の礼儀作法とは全く懸け離れた仕草(スタイル)であると考えます。
また、若い女性がこのようなスタイルをしているのは
見た目のエレガントさを重んじる故であるとは思います。
このような手組のスタイルが大手を振って通用するような時代に変化している結果なのか、
是か否かは解りかねますが、少なくとも礼儀作法の原義から外れていると思われます。

手を胸や意の前で組むことが、現代の礼を表し示すことになるであれば
かろうじて納得出来ないわけでもありませんが、日本の礼儀作法には今迄なかったことです。

現在に至る迄は、マナーの原点である礼を表わす姿勢は、
坐位も立位も、「気をつけ」と「休め」の二種類があり、
礼は、畏まった気をつけの姿勢でするものと言うことが通念でした。

サービス、ホスピタリティ、おもてなしの全ては、相手(お客様)を中心に想い、
思い遣りや感謝の心を意識し接することが原義であり、原点であると考えます。
そして、それを相手に表し、示す形として礼(お辞儀)があるのです。

礼儀マナーは、元来相手への思い遣りを表わすことが原義です。
エレガントだから、かっこ良いから、素敵で綺麗に見えるからなどと言ったことは
マナー本来の原義から外れたものであると思われます。

と同時に、あくまで私見ですが、この様に見た目や形の優先と言った作られたお辞儀は、
自然に成された何気ない姿には到底及ばないと考えます

日本のおもてなしや礼法では、相手への礼は目立つことなく控え目にすることとされています。
拠って、和服着用時の礼の如く、お腹の前で手を重ね合わすように作法では教えられます。
今迄、礼(お辞儀)をする際、手を前で組むことは、相手への畏まった礼の表現と共に、
「私はあなたに危害を加えません」と言った心を示す表わすことを意味していました。
また、女性の場合、肩が厳つくならないように手を前にすることで
肩に丸みが出ることも手組みの原義とも言われています。

古くは、武士の時代に右手は刀を握る手であり、
この右の手を左手で上に覆うようにして押さえることで、
相手に対して刀を抜くようなことはしない、という考え方です。

このようなことが礼儀作法、マナーの原点原義であり、
それは、相手への思い遣る心、控え目で遜った日本人の心を表わすものだと思います。

日本の伝統的な礼法の立礼には、男女の差はありません。
男女共に足を平行にして立ち、手先を真直ぐ伸ばし揃え、
自然に手が定まる位置を出発点とし、
静かに腿の上を膝頭に向けて滑らせる。
首だけを丸め込まず、首と背中が真っ直ぐなまま上体を前に倒します。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    お辞儀は大切ですね
    2013/07/28(日) 09:22:23 | URL | 読者 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1728-9528e79b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック