#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 会話を振返り、見直す

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

会話とその心得

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

会話イラスト

会話をする時の聞(聴)き方、話し方の良し悪しが、日常生活や仕事上でも、
健全でスムースな人間関係構築や信用、信頼に結びつき繫がります。
会話は、その文字の如く向き会って話すことを言います。
会話には、その人の人格が会話に如実に表れることを自覚認識することです。
会話は相手への思いやりの心で、正しい言葉遣いと好ましい態度と共に成されて活かされます。
また、会話する大切な相手に「思いやる心」を示し、
表すための表情、姿勢、動作が伴って言葉は生かされ、相手の心に伝わるのです。
自らと仲間の会話について振り返り、見直してみましょう。


会話心得CH
【採点】出来ている=3.やや出来ている=2.僅かに(時々)出来ている=1.出来ていない=0.

1. 明瞭で聞き取り易い発音、発声で会話をしていますか?  
2. 正しい日本語で(丁寧語・謙譲語・敬語など)していますか?
3. 相手の心と存在を認めた上でしていますか?
4. 相手の話を「聞く」のではなく、「聴く」様にしながらしていますか?
5. 会話する前に話す内容の再確認と目的をシッカリ認識した上でしていますか?

6. 場の空気や温度差を読みながらしていますか?
7. 相手の精神状態をいち早く察知出来ように心掛けながらしていますか?
8. 時にはエネルギッシュに、時には優しいor厳しい口調でしていますか?
9. 相手の経験や知識人格に合った相手が正確に理解できる様なしていますか?
10. その場に合った適切な折り目正しい言葉でしていますか?

11. 相手の反応を確かめつつ、適度な声量、スピード、トーンでしていますか?
12. 会話内容に椅子に座る位置横・正面・左右)を変えていますか?
13. 上座、下座を意識していますか?
14. 立位での会話時は足元、背筋、手の位置に気をつけながらしていますか?
15. 相手の心のポジション(精神状態)を意識していますか?

16. 相手の人格に合わせてしていますか ?
17. 相手の感情を察しながらしていますか?
18. 相手の置かれている状況を弁え、それに合わせたしていますか?
19. 相手の知識、経験に合わせてしていますか?
20. 相手の地位や立場に合わせてしていますか?

21. 会話の内容に合わせた表情で会話をしていますか?
22. 会話の内容に合わせた語調(トーン)でしていますか?
23. 略語や専門用語を使わないで、相手が理解出来る言葉づかいでしていますか?
24. 相手との心の距離感を意識しながらしていますか?
25. 肯定的にポジティブな言葉遣いでしていますか?

26. 否定的な言葉は避け、ポジティブな言葉でしていますか?
27. 何故話すのかを意図や目的を明確にしていますか?
28. 会話内容を6W3H(5W1H)で組立ててしていますか?
29. 目的達成の為にどのような環境が必要かなど内容を整理していますか?
30. 相手の話の途中でこちらの意見を言うなどせずにシッカリ聞(聴)いていますか?

31. 心と時間のゆとりと適度な「間」を取りながらしていますか?
32. 座って会話する場合不安定な座り方をしないで先ず腰を落ち着かせしていますか?
33. 和室での会話は、その場の状況や内容によって正座と跪座を使い分けしていますか?
34. 内容によって相鎚を使い分けながらしていますか?(深い=腰から、浅い=軽く頷く)
35. 相手にキチンと聞こえ、しっかりと伝わる様な返事をしながらしていますか?

36. 内容に合わせて積極的な態度や話し方でしていますか?
37. 言葉の持つ意味(語彙)を考え認識しながらしていますか?
38. 内容により必要に応じて自信と信念を持ってしていますか?
39. その時の雰囲気に合った口調でしていますか?
40. こちらの意思を示す言葉は力強く、ゆっくり、丁寧に心掛けしていますか?

41. 理解を求める場合は、相手の状況に合わせたパターンを予め考えてからしていますか?
42. 目線は確り相手を捕らえ内容に合わせ随時アイコンタクトをしながらしていますか?
43. 謙虚で誠実な態度や言葉に心掛けてしていますか?
44. 相手への思いやりと感謝の心で話しを聴くように心掛けていますか?
45. 相手の表情や態度の反応や変化に合わせしていますか?

46. 自分の話の内容を振り返りながらしていますか?(自問自答しながら)
47. 相手の経験、理解能力、知性、年齢、地位に合わせた言葉でしていますか?
48. 簡潔明瞭に、理解や合意を求めながらしていますか?
49. 一方的に押しつける話し方はしないようにしていますか?
50. こちらの協力や依頼内容を御理解頂けるようにしていますか?

51. 自分が聞いた時にどんな風に受け止めるか(立場転換)を考えながらしていますか?
52. 認めたり、褒めたりすることは、相手の心を開く「礎」と自覚しつつしていますか ?
53. お断りや否定する場合する必ず理由を述べてからしていますか?
54. 安心感と信頼を与える肯定的な言葉遣いを心掛けながらしていますか?
55. 会話したことで相手の心に温かな余韻を残せるように心掛けていますか?

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1738-931d8e68
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック