接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  五配りを紐解く

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

利他の心五配り

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

五配り

五配りは、リアルである目に見える処、
己の目識によってお客様や相手の表情や仕草に目配り、
眼に映らないバーチャルな見えないことや居心地に気配り、
相手やお客様の心情をいち早く察する心配り、
相対する相手やお客様の欲するもの、或はして欲しいと感じたことを
さり気なく(自然に)タイミング良く美しい所作で差し出す手配り、
お客様の行動される先々や使われるものを素早く前以て用意するなど、
何気なく己の身を適時適切に行動し身配りする、ことを表わす言葉です。

相対する相手やお客様に意識を配り、
その意識を自分の中で働かせる気働きと言われることは、
仏教の「六根(六境)と六識」が元となると、解することでより明確に理解出来ます。
人間の持つ五感と第六感とも言える、その人の持つ雰囲気から感じ取る感覚を
六根(六境)と六識」に当て嵌めますと以下のように成ります。

視覚と言われる眼(げん)=色(しき)とその視覚から生まれる意識・感性を指す眼識

聴覚と言われる耳(に)=声(しょう)とその聴覚から生まれる・感性を指す耳識

嗅覚と言われる鼻(び)=香(こう)とその嗅覚から生まれる意識・感性を指す鼻識

味覚と言われる舌(ぜつ)=味(み)とその味覚から生まれる意識・感性を指す舌識

触覚と言われる身(しん」=触(そく)とその触覚から生まれる意識・感性を指す身識

身体全体で感じ取る意(い)法(ほう))と身体全体で感じ、夫々がまとまり感じ生れる意識

この六根(六境)の夫々に、好(気持ちが好い)・悪(気持ちが悪い)・平(どうでもよい)があり、
六識の夫々に浄(じょう)=正しい・きれい・美しい、染(せん)=汚れ・きたない、の二つがあります。

人間の能力は、素晴らしいもので瞬時にこのような能力を発揮出来るのです。
また、人の五感と第六感を磨くことは、上記した六根(六境)と心の中に生まれる、
眼識・耳識、鼻識・舌識・身識・意識の夫々の精度を上げることだと解します。

一方、五配りや心遣いには、目配りし過ぎ、神経の使い過ぎと言うことも当然ながら起こり得ます。
この様な意識が過剰になると配られた方は監視されているような気分になりかねませんから、
相手やお客様に自然なさり気なさを意識しながらの適度な五配り
その人の心を察する心遣い回りのことに気遣い、気働きの態度で接することです。
何時でも相手やお客様に、余計な精神的負担をかけ過ぎないように細心の注意を払いましょう。

と同時に、常に相手やお客様の利(=喜び・笑顔・安心・感動・余韻)を
思考して行動する「利他の心」も欠かすことが出来ません。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1741-8b8cb7e8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック