#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 言葉づかいに心が現れる

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

言葉伝達意図と用途

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

言葉

◆あなたの心を伝える言葉とその用途
ア)~ノ)の言葉伝達意図の【A.B.C.】と使い方1.~25.に当て嵌めてお使い下さい。

言葉伝達意図

【A】伝えて当たり前、伝えないと不信感を与えてしまう言葉
【B】伝えないで普通、伝えれば好感や好印象を与える言葉
【C】思いやり感謝など、こちらのを伝える言葉

◇種類(主な言葉を載せてみました。下記以外の言葉も当て嵌めてみて下さい。)

(ア) 「失礼致します」
(イ) 「恐れ入ります」
(ウ) 「とんでもございません」
(エ) 「ありがとうございます」
(オ) 「心より御礼申し上げます。」
(カ) 「(大変)有難く、存じます」
(キ) 「痛み入ります」
(ク) 「〇〇分程、お時間を頂戴しても宜しいですか」
(ケ) 「有難く、そして嬉しく存じます」
(コ) 「いつもお世話になり、大変有難く存じます」
(サ) 「御気配り(御心配り)、とても有難いです」
(シ) 「御気遣い(御心遣い)、有難う御座います」
(ス) 「素早いご返答(御対応・御処理)誠に有難う御座います」
(セ) 「わざわざ御電話頂戴いたしまして、有難う御座いました(有難う御座います)」
(ソ) 「お忙しい中、貴重なお時間を割いて頂き、有難う御座いました」
(タ) 「先日は遠い所にも関わらず、当方に御足労頂き、誠に有難う御座いました」

(チ) 「申し訳ございません」
(ツ) 「御勘弁下さいませ」
(テ) 「どうか、お許し下さいませ」
(ト) 「大変、申し訳ございません」
(ナ) 「御心配をおかけし、誠に申し訳ございません」
(ニ) 「不手際が御座いましたこと、心よりお詫び申し上げます」
(ヌ) 「不行き届きが御座ましたこと心底より深謝申し上げます」
(ネ) 「御心労をおかけし、誠に申し訳ございませんでした」
(ノ) 「御不快な思いをお掛けし、心よりお詫びいたします」

【注】感謝を表すための「すみません(すいません)」の言葉は、
   謝意(お詫び)を含んでいる曖昧な言葉ですので、出来る限り使わないほうが懸命です。


◆使い方(用途・目的)

1. 約束を破棄したり、果たせなかったりした時
2. 遅刻、当日欠勤をした時
3. 電話・FAX・メール・報告などの伝達が期限を過ぎてしまった時
4. 間違いがあった時
5. 不手際があった時

6. クレーム、手違い、不行き届きがあった時
7. 依頼された事が出来なかったりした時
8. 御礼を言われた時
9. 感謝された時
10. 謝意を示された時

11. 物や何かをプレゼントされた時や頂戴した時
12. 初対面の後にメールや電話で伝える時
13. 心配をかけてしまった時
14. 示唆やアドバイスされ時
15. 心遣い、気遣いされた時

16. 時間を作って頂いた時
17. 相談にのってもらった時
18. 何かを教えてもらった時
19. 親切にされた時やお世話になった時
20. 人やお店を紹介して頂いた時

21. 電話・FAX・メールをする必要が生じた際、日数や時間が経過してしまった時
22. 相手に要らぬ気遣い、労力や時間を使わせてしまった時
23. お客様や相手方の要望に応えられない時
24. 本来こちらからすべきなのに、相手やお客様の方から電話させてしまった時
25. 電話が途中で、途切れてしまった時 ・・・など

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1758-7a43b9cd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック