#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 挨拶言葉「いらっしゃいませ」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

いらっしゃいませ】の由来

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

いらっしゃいませ

接客八大用語の一つ「いらっしゃいませ」は、「入る」の尊敬表現「入(い)らせらる」で、
「入る」だけでなく、「来る」「入る」「居る」の尊敬の表現として使われてきました。
この「入(い)らせらる」の語句が、一語化して「来る」「行く」「居る」専用の尊敬語に成ったのが
「いらっしゃる」で、その連用形に丁寧の助動詞である「ます」の命令形「ませ(まし)」が付き
いらっしゃいませ(まし)」になったと聞き及んでおります。
後にこの「いらっしゃいまし」が変化して「いらっしゃいませ」になりました。

※「いらして」は「いらっしゃる」の活用形「いらっしゃって」を略した形です。
 一般的にこの「いらして」は、誤用ではなく正しい表現とされています。
 なお、以前は「いらっしって」のような略形が用いられた場合もあります。
 いらして(ようこそ、〇〇〇へ、いらして下さいました)
 いらっしゃって(ようこそ、〇〇〇へ、いらっしゃって下さいました)
 どちらから、いらして頂きましたか?
 どちらから、いらっしゃって下さいましたか? (お越し=お見え、頂きましたか?)

いらっしゃる+ませ(丁寧語)
いらっしゃい+ませ(丁寧語)
「いらっしゃる」は、「入(い)らせらる」(=「お入(はい)りになる」)という言い方から出来た言葉です。
また、以前に慣用句として暫く前まで使われていた「にいらして下さい(家へ来て下さい)」や
「遊びに来て下さい(遊びに行って下さい)」などがあります。
この場合の「いらして下さい」は「来て下さい」の意味で使われるのは、総ての年代で一般的ですが、
「行ってください」の意味で捉えた場合は、現状では若年層の支持率が低くなっているそうです。

また、「こんにちは」の語源は、「今日は御機嫌いかがですか?」などの「今日は」です。
今では「御機嫌いかがですか?」を略すようになり、「こんにちは」となりました。
時に、「こんにちは」を「こんにちわ」と誤表記されることもあります。
理由は多々あると思われますが、「は」と書くよりも「わ」の方が「和」に通じて
親しみ易い印象を与えるとされ、このように書かれ、使われる場合があります
実は「こんにちは」は中途半端で、下に「暑いですね」「元気ですか」などが省略されているのです。
いらっしゃいませ」と時間帯によって使われる「おはよう、ございます
こんにちは」「こんばんは」の語句は「いらっしゃいませ、こんにちは」などと
続けて言わないように心掛けることも大切さです。


※夫々の言葉の持つ意味

「いらっしやいませ」、
• お見え頂き有難いです。
• わざわざ当店へお越し頂き感謝致します。
• 当店へいらして頂き感謝しております。
• 当店を選んで頂き、誠にありがとうございます。(心から感謝します)
• わざわざお時間を割いて頂きありがとうございます。

おはよう、ございます」、
• あなたに支えられていることに感謝します。
• 私は元気です。
• あなたも元気ですか?
• 皆さんはいかがですか?
• 皆さんは、頑張っていますか?
• 私もこれから頑張ります。
• 早朝からお疲れ様です。(ご苦労様です)
• 皆さん、私は元気ですから、要らぬ気遣いはしないで下さいね。
• 今日と言う一日の為に、新しい気持ちでスタートしましょう。
• 今日一日皆さんにも、私にも悔いの残らない一日にしましょう。
 この「おはようございます」のひと言は、人の文字のように、
 人々の支えがあり生かされている、その支えがあればこそ日々生きられて生活出来ることへの、
 「感謝」「礼を表すお陰様の心」「思い遣り」「励まし」を凝縮した言葉なのです。

「こんにちは」、
• 今日と言う一日、どうぞよろしくお願いします。
• あなたに出会ったことに感謝します。
• 皆さん、私は元気ですから、要らぬ気遣いはしないで下さいね。
• 今日と言う一日の為に、新しい気持ちで仕事に励みましょう。
• 今日一日皆さんにも、私にも悔いの残らない一日にしましょう。
• 今日の心のお天気は如何ですか?
• 私は元気です。
• あなたも元気ですか?
• 皆さんはいかがですか?
• 皆さんは、頑張っていますか?
• 私もこれから頑張ります。

こんばんは」、
• 今晩は如何お過ごしですか?
• こんな晩まで、お疲れ様です。
• 夜になりましたが、お元気ですか?
• 今日も晩方になりましたね。
• 挨拶した相手への一日の労いや慈しむ心が篭められています



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    接客マナーさん、すごく勉強になりました。

    有難うございます。

    今後、また拝見させて頂きます。
    2013/05/07(火) 19:42:01 | URL | 姫野 雄一 #.rBA.pw.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1764-1c179cf3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック