#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 潔い(潔さ)と勇気

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

潔さ勇気の関係

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

潔さ・勇気。義を見て

日本人は、国花である桜の花が大好きで、その散り際が「潔さ」に心が共鳴し情感を燻られます。

潔い人とは、「勇気」と※「」を備え持ち、心に疾しさがなく、
自分の本当の姿や自分自身の足りる、足りない能力や分度を弁えない物欲の貧しい心をよく自覚し、
素直に自分の本来の姿や弱みを曝け出せられる人、或は立場やプライド、勝ち負けに固執せず
謙虚に自己を表現出来る人、崇高な心を備えた人を指すのではないかと考えます。
即ち、己の身分や物事の是非を弁え、建前や自己主張を超越し、
「ごちそうさま」「もう充分」「もう結構です」と言う「分度」の心、即ち吾唯知足を認識し、
自分の立場や地位、名誉に捉われず素直に己を表現でき、
損得や勝ち負けに拘りを持たない清らかな心を備えた人とも言えると思います。
また潔さは、心に疾しさがなく相手の総てを心から認めてこそ成り立つことでもあると思われます。

私見ですが、孔子の「を見てせざるはなきなり」との言葉には、己の潔さをも含めて表していて、
その「」は、即ち正しいことを敢然と実行する「勇気」であると解します。
武士道に於いて、「勇」は「」によって発動される徳行の中の価値があるものとされたと言われています。
また、「」と「勇」を一体化させるために、文と武の一体化、詰り「文武両道」が不可欠とされました。

新渡戸稲造氏はその著『武士道』で、
"勇気の精神的側面は落ち着きである。勇気は心の穏やかな平静さによって表される。
 平静さとは、静止の状態における勇気である。"とし、
 "破滅的な事態の最中でも心の平静さを保っている。
 地震にも慌てることなく、嵐に向かって笑う。
 勇気と名誉はともに価値ある人物のみを平時に友とし、
 戦時においてはそのような人物のみを敵とすべきことを要求しているのである。"
と記しています。

詰り、真に「勇」を備え持った勇敢な人は、常に落ち着いていて、決して驚き慌てず、
何ものによっても心の落ち着きが乱されることがないという潔さをも表わしていると考えます。

一方で潔く、「辞退する、退く、責任を取る、辞める、諦める、別れる、捨てる」などと
言われる場合に必要とされる、前記した勇気を含む、責任、拾う・捨てる、抑える、消去、見定める、
見限る、決断、分別、選択、判断、制御、自制、自責、損得と言うような能力や心構えも
同時に認識しておく必要があります。

※「
 我欲(私利私欲)に囚われず、己の成すべき事を成すことを表わす言葉です。
正しい行いをすること。正しい筋道・義理・筋・道理、条理や義気。
社会を成り立たせ、伝統で精査もされ、人たらしめる仕来りのことを言う。

潔い大辞泉の解説
 1.事物・風景などが清らかである。汚れがない。
  卑怯な点や未練がましいところがなく立派である。悪びれない
 2.思い切りがよい。未練がましくない。また、さっぱりとしていて小気味がよい。
 3.道に反するところがない。潔白である。自分の欲望を素直に認めているのが潔い


<strong>『他人の過失は見易い』
 他人の過失は見易いけれども、自分の過失は見難い。
 人は他人の過失をもみ殻のように吹き散らす。
 しかし、この人も自分の過失は隠してしまう。
 狡猾(コウカツ)な賭博師が不利なサイの目を隠してしまうように。
 他人の過失を探し求め、常に他人を見下して思う人は卑しい性質が増大する。
   【以上の出典:仏教「ウダーナルブァルガ」】


人は他人を蔑むことで自らを勝ち誇るのは、実は己の自我に打ち負かされていることです。
しかし一方で、自ら潔い人が、勇気を持ち公正を期す目的で他人の過失を本人にだけ指摘するのは、
むしろ奨励されるべきことであると考えます。
その際に、どんな方法でも良いと言う訳ではなく、なるべく相手を辱めぬよう心して、
出来るならその相手自からがそれに気づくように、
さりげなく仕向ける心配り(思いやり)の配慮こそ肝要だと考えます。

同時に折角、潔く勇気を持って、好意や善意でしたことが、
怒りや恨みを生じさせてしまい元の木阿弥になってしまい、
返って相手の自我を増幅させることになってしまうこともありますので、
くれぐれも注意することです。

潔い(イサギヨイ)人】
• 勇と義を備えた人
• 思いきりよい人
• 地位や権力に恋々としない人
• 竹を割ったような性格の人
• きっぱり断れる人

• さばさばした人
• ウジウジしない人
• 無私の人
• いなせな(小粋な)人
• 物事や去っていく人に未練をもたない人

• 自利(利己)を考えない人
• キップのよい人
• 太っ腹の人
• 大胆な人
• 男気のある人

• 潔癖な人
• 気高い人
• 高潔な人
• 卑しさのない人
• 媚びない人

• 雄々しい人
• きれいな身の処し方の出来る人
• 孤高の人
• 孤独を恐れない人
• 公明正大な人

• 周囲に感銘を与えられる人
• 死の受け入れなどについて潔い
• 悪あがきをしない人
• 言い訳しない人
• 往生際がよい人

• 男気のある人
• 拘りを深くもたない人
• すっぱりと諦められる人
• あっさり負けを認められる人
• 敢えて自らの退路を断った人

• 諦めがよい人
• 白黒が明確な人
• 「まな板の上のコイ」の意識を持てる人
• ふっきれる人
• 責任を取れる人

• さっさと辞任する人
• 姿などがカッコいい人
• ほれぼれする人
• 風格のある人


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1767-6075404c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック