接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  気付きを記録する

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

気付き”を生かす

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

気付きメモ

現在まで生きて来て、何らかの「気付き」が自らの心の中に生まれるのは、
どうも運命的なものがあると思えることが少なくありません。
それは、人として或は仕事上で、何らかの「気付き」が生まれるのは、
仕事上や人間関係で何らかの挫折や失敗した時、障害や苦難にあった時、

また一方では心身の成長時、努力精進している時、
己のことを考えず我武者羅に何かに打ち込んでいた時などが多かったと思います。
人は、他者との出逢いや触合い、事象と巡り合せによって様々な「気付き」を得ることが出来ます。

そして物事を何故の心で見聞きし、自分自身を指差したり、様々なことを己の心に問いかけたり、
自分の周りの物事や現象を思考分析してみることが「気付き」の原点だと考えます。
また、折角得られた「気付き」を生かす時期やタイミング、
行動力も「気付き」を生かし現実のものとすることに大きく影響すると思えます。

人との出会った時、心に何らかのことが下りて来た時、
身に降りかかる障害苦難に遭遇した時などにより、
自分の心に生まれた「気付き」はその時に必要だから与えられたと解します。
折角得られたその「気付き」を蔑ろにしたり、背を向けたり、
後回しにしたりした後の結果は決して良くありません。
まさしく気付きを生かすのは“今でしょ”と捉えることだと思います。
また、その「気付き」を忘れないように深く心に刻んで置くことが肝要です。


気付きを活かす【気付きメモ

人間は、忘れることで新たなことを覚える生き物と言われています。
閃きや気付きは、時間が経つと以外と忘れてしまことが度々です。
日々の出来事の様々な気付きや学び、知り得たことを忘れないためにも、
メモ」にしておくことは、その後の生き方や仕事の上にも役に立ちます。

※個人的にも仕事上でも、現場・職場・多店舗・研修・文書・教えられたことの
 知識や各種情報などをこのメモに書込んで置くと色々な面で役立ちます。


メモの項目(個人又は会社用に、項目を振り分けてお使い下さい)
記入者名[     ]記入日  年 月 日 曜日   時場所(   
 )


1. 何から気付きを得られたのか?
 ⇒その要素(現場・現物・現実・現況・現象・他)

2. 気付いた場面は?
 ⇒場所・顧客・人・物や商品・メディア・IТなど情報ツール・他

3. 気付きの要因・誘因・起因は?(何故気付いたのか)

4. 気付きの内容は?
 ⇒対物・対人関連・おもてなし・接客接遇・様々な不の要素
  不の要素=不足・不手際・不行届き・不備・不潔・不明確・不信など

5. 気付きを生かす対象は?
 ⇒人or物、取組意識姿勢の改善・改良・改革

6. 自分と組織の人的取組は?
 ⇒態度・言動・マナー・知識・知恵・心遣い・気配り

7. 気付く為に必要な要素は、どんな物があるのか?その手段は?

8. 何故気付いたのか?

9. 重要度、優先順位は?

10. 気付いたことで(気付いた結果として)
 (ア) どう受け止め、どう思い、どう考えたのか?
 (イ) 何が学べたか?≒何に気付き何を学んだのか?
 (ウ) どんなことが得られたのか?
 (エ) これから何に対して、どう生かせるのか?
 (オ) 何をどうしようと考えるのか?
 (カ) 何が変えられるのか?
   ⇒結果として、何がどう変わったのか?
 (キ) 職場や環境がどんな風に変わるか?
 (ク) 自らをどう変えられるか?その為に必要とされることは?
 (ケ) 仕事や営業に生かす為にどうするか?
 (コ) 誰が、いつ、どの様にして生かすのか?


※気付きの項目分析
 イ) 自分のため、他者のため、その両方。(≒自利利他愛他)
 ロ) 個人の生活上or職務上。
 ハ) 営業上(対外・対内)。
 ニ) E.S或はC.S.に。
 ホ) 会社や職場の改革・改善・改良。
 ヘ) 自己啓発(意識改革)。
 ト) その他(ソフト面か・ハード面か)。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1777-33797359
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック